紫陽花


地域包括から3ヶ月間という期限付きではあるが、

ある85歳の方へ、訪問リハビリを担当させて頂いている。

               ・

いわゆる要支援者への、介護予防を目的としたリハビリという位置づけになる方だが、

85歳というご高齢にも関わらず、一人暮らしをされている。

               ・

その人は、去年までスクールガードの活動をされていた。

老人会や市からの要望があったからではない。

自主的に、小学生の子供たちの安全のために、

雨の日も晴れの日も欠かさず、10年間毎日一人で通学路に立ち続けていた。

               ・

ただただ、子供たちの笑顔や、元気な姿を見られることが何よりも嬉しかったという。

しかし、去年の暮れごろになって体力に限界を感じ、その活動から身を引いた。

               ・

元々、自主的にやっていたスクールガードの活動だから、

たとえそれを止めても、老人会や市からは何の表彰や労いの言葉もない。

               ・

それでも、10年間毎日続けてきたその理由を訊ねると、

その人は、「僕はそんな勲章や表彰よりも、もっと大事にできた宝物があるからだよ」

と答えてくれた。

               ・

言葉の真意が解らず、僕が少し困惑した顔をしていると、

その人は、笑いながら「それは命だがね」と仰った。

               ・

その人は幼いころ、広島に住んでいた。

昭和20年の8月、原爆投下地点から2kmにある小学校で被爆した。

クラスメートのほとんどが亡くなったそうだ。

               ・

「爆弾なんてものは僕の力ではどうしようもできない。

でも、交通事故から子供の命を守るぐらいなら、僕でもできることだと思ってね」

               ・

その人が、どんな思いで通学路に10年間も立ち続けたのか、

その本当の深さを知ることは、僕にはできない。

               ・

               ・

部屋には、スクールガードをしていた小学校の児童と卒業生から贈られてきた、

感謝の手紙と色紙が、亡くなった奥さんの写真に並べて飾られてある。

               ・

今日は天気が良かったので、一緒にお庭を散歩した。

満開を迎えた紫陽花の花が、とてもきれいだった。

               ・

               ・

               ・








[PR]
トラックバックURL : https://hiroyan55.exblog.jp/tb/28399070
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by hiro-ito55 | 2018-06-21 20:55 | 医療・福祉・対人支援 | Trackback | Comments(0)

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る