客観的な立場の第三者が存在しない

厚生労働省の分科会に提出された統計によると、

訪問リハビリ件数は、ここ数年増加傾向にあるようで、

その傾向は今後も続く見通しであるようだ。

                ・

訪問リハビリに従事するリハ職が増えているのは良いことだとは思う。

けれど、訪問リハビリという仕事はやりがいもあるが、

自分の身は自分で守らなければならない仕事でもあることは忘れてはならないと思う。

               ・

病院や施設では、

決められた場所に利用者や患者さんが集ってそこでリハビリを受けるけれど、

訪問リハビリでは利用者さんの自宅がリハビリを受ける場になる。

そこには当事者同士しかいないし、そういう場で仕事をするのが在宅医療なのだ。

               ・

それはどういうことかというと、客観的な立場である第三者が存在しないということ。

もっと言えば、

何が事実で何が事実でないかをしっかりと証明する人間が誰一人いない場で、

僕らは仕事をするということだ。

               ・

利用者や家族から寄せられる苦情。

医療者側と利用者側間の見解や方針のくい違いであれば修正も可能だろうが、

ケアマネや他事業所を経由して伝えられたものの中には、

明らかに事実と異なるものも含まれていることがある。

               ・

その際に、自分の身をどうやって守るのか。

どこまでが事実であり、どこからが事実と異なるのか。

それを証明することはたいへん難しいし、その困難さを僕も経験したことがある。

               ・

介護力が不足していたり、利用者さん本人の現実検討力に問題があったりする場合、

精神的に追い詰められた状態で生活しているケースが多い。

               ・

他者の言動に過剰に反応するお宅においては、

一旦苦情が出てしまうと、どこまでが厳密に事実であるかを証明することは、

ほぼ不可能に近いことがある。

               ・

言葉は悪いが、100%言ったもん勝ちにされるリスクが存在するのも、

訪問リハビリという仕事だと思う。

               ・

その際に、自分をどう守るか。

アセスメントは、事実をひとつひとつ積み上げて、

それを確認しながら方向性を示していく作業であるけれど、

同時にそれは、自分自身を守るための作業でもあると思う。

               ・

何が事実で、何が事実でなかったのか。

いざという時にそれを証明できるのは、

アセスメントの積み重ねと記録と、その共有しかないのかもしれないが、

それさえも歪められてしまう現実も存在するということは、

個々のリスクマネジメントをよほどしっかりしていかないと、

少なくとも自分の身を、自分の力で守ることはできないということでもある。

               ・

多くの人の目に触れる機会の多い病院や施設で働くこと以上に、

リハ職としてのアセスメントやリスクマネジメント能力を高めなければいけないのが、

訪問リハという仕事であると思う。

               ・

               ・

               ・

               ・

               ・


[PR]
トラックバックURL : https://hiroyan55.exblog.jp/tb/27845378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by hiro-ito55 | 2017-12-11 19:10 | 医療・福祉・対人支援 | Trackback | Comments(0)

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る