患者さんから断ることって、勇気がいるんだよ。


時々、患者さんや利用者さんから、サービスを断られることがある。
それが例えば、「今日は体調が悪いから」、「お客さんが来るから」といった都合で、
一時的に断られるのであれば、問題はないと思う。

けれど今回、
患者さんが、サービスの提供者である訪問看護者への不信感を抱いていて、
そのサービスを「打ち切るため」に断わる、というケースがあった。

その方には、僕も週一回、リハで訪問させて頂いているが、
数か月前からは、訪問看護ステーションを二か所利用するようになっていた。
必要な医療処置やケアが多く、一か所ではとても対応しきれなくなったからだ。

でも、新しく入ったステーションの対応が悪く、
緊急訪問でアタフタと慌てたり、通常の訪問時に自分の子供を一緒に連れて来たり、
意思疎通が上手く取れなかったために、必要な処置もせずに帰ってしまったり....。
と、聞けば耳を疑うような話ばかりが出てきた。

本人が、どうしても信頼することができないので、
そこのステーションには直接訴えずに、訪問に入っている所長が直接相談を受け始め、
結果、主治医とも相談の上、代わりのステーションを探すことになった。

悩みに悩んだ末の、相談だったようだ。


サービス提供者への信頼を築けないにも拘らず、ずっとそのサービスが続けられていて、
患者さん自身がそれを断るために行動を起こすのは、とても勇気がいる。

サービス提供者側の人間とすれば、定期的に担当者会議など、
サービスの質や体制について検討される機会もあるのだから、
もし不信感や疑問があるのなら、その都度思っていることを素直に話せばいい、
と考えるかもしれない。

でも、患者さんから信頼できない相手に自分の思いを伝えたり、
サービスを断るために行動を起こすのは、気持の上でとても大きな負担になるし、
「何か嫌だな」「この人たちとは合わないな」と感じていたとしても、
提供者に向けて直接それを口にするのは、そんなに簡単なことじゃないと思う。


断り切れなかったら、その後の関係性はもっと悪くなるんじゃないか....、
そんなことを言うと、我がままだと思われるんじゃないだろうか....、
断わった後、自分の生活はどうなるんだろう....、
もう少し辛抱してみようかな....、
こんなこと思うのは自分だけなのかな....、

自分の生活を預けている患者さんは、
たとえ相手に不信感を持っていたとしても、そんなふうに悩んだり迷ったりしている。

患者さんがそんなふうに思うこと、それが何も特別なことじゃないと分かるためには、
思いを吐露したときには、もうクタクタに疲れてしまっているその人を見れば、
それで充分だと思う。

それに、痰の吸引や呼吸器の管理、或いは緊急時の対応など、
現実に生きるために欠かすことのできない処置や対応をお願いしている場合、
それを別の提供者に代わってもらうことは、それなりのリスクも伴っていたわけで、

それを考えれば、
認知面や判断力に問題のない人が、「止めたい」「断りたい」と言い出すだけでも、
それはとても勇気がいることだったに違いない。


今回、僕は何もすることはできなかった。
けれどせめて、そんなふうに置かれている患者さんの立場や気持ちを、
少しでも理解していくことは、僕にでもできると思う。



b0197735_231381.jpg










[PR]
by hiro-ito55 | 2015-08-28 00:01 | 医療・福祉・対人支援

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー
プロフィールを見る
画像一覧