おかえりなさい


昨日は、担当利用者さんの退院後初めてのリハ。

痛みの再発が気掛かりだったけど、
昨日は思いのほか元気な姿を見ることができて、ホッとした。

実は、彼女がリハ目的で入院しているときに、
近況を知らせる情報が、病院側からファックスで送られてきたことがある。

「リハビリ後の夜間痙攣と下肢疼痛の悪化が、
 顕著にみられるようになってきております....、」

そこまで読んで、嫌な予感が的中したと思った。

疾患の特徴から、
少しの運動でも体に負荷が掛かったり、疲労がたまったりしているときには、
疼痛やクローヌスが出現しやすいことは分かっていたし、
その情報も、毎月主治医には報告書としてちゃんと上げていたのに....。

そして、痛みは我慢の限界を超えてしまったようで、
本人は鎮痛剤の投与を希望するも、
病院側は、緩和医療の体制が整っていないことを理由に拒否。
代わりに、精神科の医師による治療を勧められた。

そして、彼女が精神科医の治療を拒否すると、
今度はあからさまに仮病扱いされたという、
信じられないような話を、看護師と本人から聞かされた。

そのときファックスで送られてきた情報に、
その後の治療方針については詳しく書かれていなかったけど、
看護師の話では、精神安定剤の投与を勧められた上に、
病室の監視カメラの設置も検討されたのだという。

精神疾患があるわけでもなく、ましてや嘘をついているわけでもなく、
彼女はただ、痛みを和らげてほしいだけなのに...。

彼女にとっては、
そんな対応をされたことが、たいへんなストレスだったのだろう、
そのときの記憶が、断片的にしか残っていない。

病気自体が治ったわけではないけれど、退院後の今は、
他院のペインクリニックを受けて、幸いにも痛みが自制内で経過できていること、
それを確認できただけで、僕は少し安心した。

けれど、一番ホッとしたのは彼女自身だと思う。


b0197735_2351034.jpg








[PR]
by hiro-ito55 | 2014-07-13 00:01 | 作業療法

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー
プロフィールを見る
画像一覧