一人職場について感じることをちょっとだけ


たまに知り合いのOTさんに会ったりすると、
「一人職場はたいへんでしょ。」なんて言われたりすることがあります。

僕は訪問看護ステーションに勤めていて、職場でOTは僕一人。
すぐに相談できる同職種の人が、近くにいない環境にあることは間違いありません。

同職種のいない職場の苦労は、
常に問題を、一人で背負い込んでしまう危険があるということ。

だから、同じように一人職場で働いている友人のたいへんさも、
ある程度は分かるつもりでいます。

確かに僕自身も、
一人でできることの限界みたいなものを、感じたりすることはあるのですが、
けれど、それはそれで、その機会は逆に必要なことでもあると捉えています。

どんな職場に身を置こうとも、僕らは自分の今できることや守備範囲、
それを知った上で、サービスを提供していかなければなりません。

そして同時に、それらの確実性を高めていって、
少しずつ、できることを増やしていかなければなりません。

その中では、実践したこと、或いは考えたことを、
色々な理論やモデルとも照らし合わせて顧みたり、
関連付けて捉えることで気付きを与えられ、次に備えたりすることができる、
そういう自己研鑽の作業も、僕らには求められています。

それは、一人職場であろうが仲間のいる職場であろうが、一緒のことです。

確かに、自分を磨いていく過程で、
身近に相談できる同職種の人がいるのは、心強いことだとは思いますが、
その人なりの仕事の質を問い続けていくことは、
どんな環境であっても、たとえ一人職場であろうとも、
きっとできることだと思っています。


自分が気付いていない問題を、指摘してくれる他者がいなかったり、
気付いても、充分な対応ができなかったりと、
一人職場で働くというのは、確かにたいへんなことです。

置かれた状況(自分の時間的・物理的守備範囲)を把握しながら、
自分のできること、しなければならないことを、
自分の力でコントロールしていかなければなりません。

そしてそれらを理解した上で、
最善と思えるものを、選択していかなければなりません。

治療過程において、当事者以外の視点や意見の入る機会に乏しくなる点は、
どうしても否めないのです。

だから、
身近に相談・指摘できる同職種の人がいるというのは、大切なことだと思います。


一人職場で大切なのは、
自分自身の力を、自分でしっかりとマネジメントしていく能力です。

これがなかなか難しいのですが、
そんなとき僕は、作業療法士の「士」は「武士」の「士」だと、
まずは、いつも勝手にそう思うようにしています。

たとえ一人職場であっても、いい仕事をするために、
せめてそういう誇りを持って、自分を律して胸を張ることぐらいは、
基本にしてもいいんじゃないかと思っているのです。

それに、同職種の人がいなくても、看護師さんやケアマネさんから学んだり、
教えてくれたりすることはいっぱいあります。

他職種の意見や見方に、直に触れることができるのは、
ひょっとしたら一人職場の特権かもしれません。

そこから、
専門職としての自分自身の形を、相対的に明確にするという手も、
充分にアリだと思います。

僕も実際、
今まで看護師さんからの意見や指摘で、多くの気付きを得られてきました。

だから一人職場のみんな、自分と同じ専門職は自分一人だということを、
あまり後ろ向きに捉えずに、頑張ろうね。

b0197735_17393936.jpg



[PR]
by hiro-ito55 | 2014-02-03 17:47 | 作業療法

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー
プロフィールを見る
画像一覧