今と闘う人


僕は何かと闘う人が好きだ。
仕事であれ勉強であれ、その人が何かと闘おうとしているなら、
まず目の前にある物事に、全力で立ち向かっているもの。

本当の闘う姿をその身に纏うためには、
自分自身の姿と向き合っていかなければならない。

闘う前から闘う意味を問い、
そうして自分のそれを、観念や抽象の世界に追い出してしまうことが、
立ち向かうことではないと思う。

例えば何の不自由も感じていないのに、
自分は病気と闘えるかと問うことほど、無意味なことはないのだから。


今を必死に闘い、自分の形を見つけようとしている人がいる。
闘いながら自分が今、何をすべきか、それが見えるのを必死に待っている人がいる。

僕はいつでもその人を応援している。
耐え難い現実も、その人のものでしかないという事実に、
僕はただただ、言葉を無くすばかりだけれど、
けれどそれは、けっして同情から来る気持ちではない。

その人に課せられた試練、
それを乗り越えていけるのは、他の誰でもないその人自身であると思うから。

そのために一歩一歩踏み出す勇気の中で、その人は強くなっていく。
ここまやってこれたその自分の足で、これからもきっと強くなっていく。


本当はいくつもある道の中から、その人は闘う道をひとつ選んだ。

今まで同じように見えた景色でも、
その勇気が、きっといつでも自分自身を形作っているのを確かめるために...。

自分自身にしか見ることのできない景色、
それを見届けるのもまた、自分自身であることを確かめるために...。

これからも、他の誰とも比べられない、
誰のためでもない自分の姿を、その目で見届けるためにその人は立ち向かう。

だから僕はいつでも、その人の勇気を応援していたい。

b0197735_021927.jpg


[PR]
by hiro-ito55 | 2013-11-06 00:24 | 日常あれこれ

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー
プロフィールを見る
画像一覧