今できることと、向上心や成長について


仕事では、準備したことの2~3割ほどしかできないと前に書いたことがあります。
向上心を持つということは大切なことですが、
自分のできることを急に増やしたりしようとすると、結局うまくいかないものです。

上手くいかないどころか、
事前にいっぱい準備して、たくさんのことをやろうとするだけで、
毎日がただ、とても目まぐるしいだけのものに変わってしまい、
一日一日のその流れの中に、埋もれてしまいそうになります。

そういった姿勢が、いつの間にか焦りや無力感を生み、
やがて燃えつきることに繋がってしまうのではないかということに、
最近気付きました。

自分の今できることと向上心というのは、ある意味ひとつのパラドックスです。
今の自分にできることばかりしていては、成長というものはありません。
逆に、向上心だけに身を任せていると、目の前のことが疎かになり、
足元を掬われるリスクは増大します。

大事なのは、
準備したことの2~3割ほどしか「やらない」のではなく、
2~3割ほどしか「できない」ということに、まず気付くことだと思います。
そして向上心や成長は、そういった気付きから生まれてくるものだと思います。


確かに、人生には何が何でも頑張らなければいけない時期というものがあります。
けれど基本的に、実力以上のものを出そうとしてはいけないと思います。

全力を尽くすこととは、
常に自分のできる範囲の中で、一番いいものを出そうとする姿勢。
そしてそれを続けていくことが、自分自身の成長に繋がっていく
ということ。

そこに気付かなければ、現実はいつも自分に足りないものだらけになってしまうか、
或いは、自分を取り囲む現実に、うまく適応できなくなってしまうものだと思います。


恐らくどんな仕事でも、
責任感の強い人ほど、多くのものをその身に背負い込んでしまいがちですが、
責任を持って仕事をすることと、全部を背負い込んで仕事をすることは違うと思います。

けれど、
このパラドックスの存在から、ちょっとしたバランスの取り方を間違えてしまえば、
現実に対処していく体力というものは、どんどん奪われていってしまうし、
それが、職業人としてのポテンシャルも下げていってしまうというのは、
生き抜く上で知っておくべきことだと思います。

今の自分にできること、そして向上心を持ち続け成長していくこと。
最近は反省することの多い毎日ですが、バランス感覚だけは大事にしたいですね。


b0197735_19283562.jpg



[PR]
by hiro-ito55 | 2013-09-15 19:40 | 社会

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー
プロフィールを見る
画像一覧