情(こころ)に変わる


きっと、信じるとは、そのままの形を過不足なく受け取るということ
そして、考えるとは、それと向き合い続けるということ

当たり前を失った現実から、
限りある時間と体力の中で、懸命に努力している人がいる。

そんな人を見ていると、
もし、何かを始めるときは、
それが、その人にとってのゼロ地点になるのだと思う。


いつでもどこでも、信じることは難しいし、
信じるよりも疑ってみる方が、よっぽど楽なことには違いない。

或いは、今あるものに目を向けるより、
自分に無いものや足りないものを数え上げる方が、簡単なのかもしれない。

疑うこと、求めていくこと、それらは皆、自我や欲と繋がっている

誰にだって、少なからず目標や目的はあるだろうし、
一人前の向上心だって持っている。

そのために、ときには疑うことも、求めることもあるし、
自我や欲なんてそう簡単に消せるものじゃない。

だから、なるべく欲張り過ぎないように、
僕らは日常の中でバランスを取りながら生きている。

僕らが、生きていくことにいつも忙しいのは、
バランスを取ろうと、理性でコントロールすればこそ。

自我や欲を意識的にコントロールすることは大切。

けれど僕はこうも考えたい。
疑うことも求めることから出る欲も、同時に感謝する気持ちがあれば、
それらは情(こころ)に変わることができる

そんなふうに思うということ。


例えば、食事ひとつ、働くことひとつ取ってみても、
それがただ食べるだけのもの、お金を稼ぐためだけのものだったら、
それは、食欲や金銭欲、或いは出世欲を満たすためのものにすぎないけど、

そこに、少しでも感謝する気持ちを持つことができるなら、
食事も仕事も、それぞれの人がそれぞれの方法で、
自分なりの、豊かな在り方に変えていくことだってできる。

そして、
物事をそういう姿に変えていく力が、人にはあるんだと気付いたとき、
自我や欲でさえ、その人なりの違う形に変わっていくのだと思う。

でも、その力に気付くのはとても難しい。

殊に、何かを失った人にとって、
感謝の気持ちを持ったりすることなんて、
所詮は、遠い絵空事のように感じるのかもしれない。


けれど、限りある時間と体力の中で、
今、自分にあるものに必死に目を向けようとしている人
を、僕は知っている。

当たり前を失った現実から、
自分にできること、他人に提供できることは何かと考え、懸命に努力している人

そんな人がいることを、僕は知っている。


いつも笑顔でいるけれど、それは未だ、ギリギリのバランスだから、
僕が少し喋り過ぎてしまったり、言葉を聞き逃してしまったり....

どんなに元気に、強く見せていたとしても、
そんなちょっとしたことで、何だか不安で、悲しく傷付いてしまうことがある。

けれど、過去を消すのではなく、過去を自分の定点とするのでもなく、
振り返り、確かめながらも、それを今に必死に繋げようとしている。


だから、どんなに不安定なバランスの中にいたとしても、
やがてそれは、寄り掛かりながらでも、今に負けまいと顔を上げ、
前を向こうとする意志に変わっていくと、僕は信じている。

ただ求めるのではなく、ただ疑うのでもなく、
そうやって前を向いた視線の見つめる先に、体験する未来が待ち受けているのなら、
降りかかる出来事は、どんな姿に変わりながら、この人に向かってくるのだろう...。

自我や欲をその手で押しのけて、
全てを、感謝の想いに乗せて迎えることなど、できないかもしれない。


だから僕はせめて、精一杯の言葉を届けてあげたいと思う。

たとえ、そのままの形を過不足なく受け取ることが苦痛であったとしても、
たとえ、それと向き合い続けることが困難であったとしても、

喜びや悲しみさえも、そんなに難しく考えないで、
僕らは、感謝の想いに乗せて、何かに近づくこともできるんだということを。

そしてそれが、
自分を信じることにも、確かに繋がっていくのだということを...。


この思いが、どれだけ届いているのかは分からない。

けれど、
信じることや考えることもまた、
感謝の気持ちと同じように、情(こころ)に変わる出来事
なんだと思うし、

それを見つめていける自分の姿に気付くことで、
例えば人は、誰かとの繋がりや、何かとの出会いも含めて、
日々の生活ひとつひとつの出来事の中で、深化していくものなのかもしれない。


信じるとは、そのままの形を過不足なく受け取るということ。
考えるとは、それと向き合い続けるということ。

もし、何かを始めるときは、
それが、その人にとってのゼロ地点になるのだと思う。

だからこれからも、
ときに傷つき、倒れそうになったとしても、
その視線がしっかりと捉えているものだけは、けっして乱れないようにと、
そのことだけを、僕は願っているのかもしれない。

b0197735_21225476.jpg



[PR]
by hiro-ito55 | 2013-08-19 21:33 | 哲学・考え方

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー
プロフィールを見る
画像一覧