ただ闇雲に向かっていくことだけが、プロの仕事ではない


小難しい話ですが...。

作業療法士として一所懸命にやること、最善を尽くすこと、
そんなことはプロとしては当たり前のこと。

じゃあ、その当たり前のことをしていれば、プロの仕事として充分なのか、
といったら、実はそうでもないと思う。

在宅生活の持続可能化を目指すなら、
習慣可能化をキーワードに、活動の再現性を高めていくことは重要で、
それに向けて一所懸命にやることは、プロとしては、最低限当たり前の姿勢。

けれど、
ただ闇雲に真面目にやっていれば、必ずしもそれが成功し、
評価されるとは限らない。

むしろ、その日、その時、その状況に従って、
その都度判断して、修正していかなければならないことの方が、
多いのかもしれない。

例えば、
リハビリ場面に加えて、ご家庭でも車いすに乗せて、
抗重力筋に負荷をかけて鍛える時間を設けることで、
もう少し姿勢がよくなる筈、心肺機能も活性化される筈、
できることに目を向けてくれる筈、

そう予測される場合でも、
ほんの僅かな介助時間を増やすことでさえ、
ご家族にとってそれが大きな負担になってしまうのならば、
他の方法を考える必要だってあり得る。

仕事をしていると、
そういうケースに出会うことが、たくさんあります。


『それは分かってるんですが...。』
もし、現場でご家族やご本人からこういう言葉を聞いたら、

それは、
セラピスト側が、『支援』をゴリ押ししかかっているサイン。
僕はそう思っています。

そんな場面に出くわしたら、必ず立ち止まって考えてみる。

ご本人もご家族も、
ベッドから離れ、動けるようになるのは嬉しいけれど、
動けることで、見守りの時間や介助の負担が増えるようなことは望まない。

家族なんだから、一緒に何かをしながら過ごす時間も大切だけど、
自分の時間や身体を守ることも大事。

リハを依頼された時点で、
こういう不安定なジレンマを抱えながら、
どう処理してよいか分からず、それが大きなストレスになっている、
僕の場合は、そういう方がけっこう多い。

そんな中、
『こうあればいい』、『このようにしたらいい』、
そういう目指す場所が見えてくることは、プロであればある意味当然のことで、
そういったものは、どんどん提案すればいいけれど、

人一人が生活していくこと、生きていくこと、
その中には様々な思いや、やり方があるのだから、

その方法や提案は、必要でありながら、且つ十分であるのか、
それをしっかりと見定めることが、何よりも大事になっていきます。

一所懸命にやること、最善を尽くすこと、
それが、プロとしての必要条件ならば、

その日、その時、その状況に従って、その都度判断していけること、
それが、プロとしての十分条件なのかもしれません。

けして、専門性を武器にして、
ただ闇雲に向かっていくことだけが、プロの仕事ではない。

ただ、難しいのは、
必要条件には方法論はあるけれど、
十分条件の方には、画一的と呼べるような方法論はない、
ということ。

そして、
その日、その時、その状況に従って、その都度判断していけることと、
場当たり的に流されていくこととは違う、
ということ。

変化する状況に従って、その都度判断していくには、
相手に共感し、それを共有しながら相手を支援し、共に歩んでいく、
という基本姿勢と、

そういう感受性を主とするものに、ただ流されないようにするため、
それを見定める能力が、同時に要求される。

そして、それを見定めることが、
一所懸命にやること、最善を尽くすこと、
そういった姿勢を、キープしていくための条件だったりする...。

それが分かったとき、
プロとして道を走るというのは、容易なことではないと感じる。

対人支援とは、奥が深いもの...。

専門性を発揮しながらも状況を読み、これを見定めること。
僕の思いと相手の思いを繋げ、ひとつの形にしていくこと。

僕が専門職である以上は、常に求められるテーマです。

b0197735_01761.jpg


[PR]
by hiro-ito55 | 2013-04-26 00:44 | 作業療法

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー
プロフィールを見る
画像一覧