本当は違和感だらけ


自殺者を出した大阪市立桜宮高校体罰問題が、
今メディアを賑わせています。↓↓

『橋下氏「入試やめさせます」』(YOMIURI ONLINE)

体罰の是非については、賛否両論あるかと思いますが、
その後の橋下市長の対応の仕方が、少し気になります

桜宮高校市立の高校であるため、
高校の教師市の職員ということになりますが、

橋下市長が選択した入試中止という決断は、
行政のあるセクション問題が発生したため、
しばらくの間、その部署の行政サービス停止させて頂きます
という、
極めて行政的な枠組みで、事を捉えているように思えてならないからです。

このような手法からは、恐らくよい結果は齎されないだろうし、
僕は、ここにデジャブのような違和感を覚えます。

橋下市長には、
弁護士出身という経歴も関係しているのか、
彼には、A対Bという対立軸の上で物事を論ずる傾向が、
どうも強いように思います。

今回の入試中止という対応を見てみると、
教師側行政側という対立軸を作り出し、
その自分が作り出した一元的な軸の上に、
世論を巻き込んで『命とは』『人生とは』を論じさせ、
白か黒かを決めさせる

そういう、
彼のこれまでの常套的な手法が垣間見えてきますが、

それはちょうど、
小泉首相が『既得権益 対 搾取された者たち』という構図を作り上げ、
その構図に国民を巻き込んで、総裁選や選挙を戦った
あのやり方と同じではないか、と感じるのです。

小泉政策の特徴は、
負け犬をさらに叩く』ような嗜虐性にあり、
弱い者や持たざる者は、
半永久的に、何かを望むことは許されない

そういう根拠のない階層意識
国民に植え付けたことにある、と僕は思うのです。

そして、何故だかはっきりと解らないままに、
大多数の国民は、その嗜虐性を支持した

その結果、どうなったかと言えば、
いわゆる資本主義の焼野原のような現状です。

今、橋下市長がやろうとしていることも、
いわば、教育における焼野原を作り出そうとしているように感じるのです。

あるスケープゴートを見立てて、これを吊し上げ、
問題を起こせば、お前らもこうなるぞ』と恫喝する、

そういう、チラつかせて扇動する方法は、
恐怖政治そのものの姿であり、
こういった手法が、古今うまくいった試しはありません。

それは何故かというと、
恐怖の回避という、問題の本質とは掛け離れたところで、
どんどんと事が運ばれていくようになるからです



確かに、何かと何かを対立させ、
その対立構図を国民の前にオープンにして、
白か黒かを論じさせるようなやり方は、解り易いといえば解り易いですが、

こういう問題解決の方法は、
本質的には、日本人には合わないようにも思えます。

対立軸よりも、融合軸を多く取って合意形成していくのが、
日本人の問題解決のお家芸であり、
それは、古いやり方と一蹴するべきものではなくて、
先人たちの智恵と呼べるものではないかと思います。

現に、欧米のビジネス界でも、
最近は『会議前の根回し』という、日本的な手法が見直され
この手法を積極的に取り入れている企業も多いそうです。

今回の事件で、
橋下市長が行政長として、今の時点で成すべきことは、
徒に対立を煽って、不信感を掻き立てるのではなく、

教員側と協力して、
指導に適切な新しい教師を、三月末までに早急に探すこと

彼の市長としての責任や、振るうべき手腕というものは、
そこにあるのではないでしょうか

そしてその上で、
教育の在り方を問うのが、物事のスジである筈です


そういう物事の順序立てを行なう前に、
まずは対立軸を作り出して、これを問うというやり方に、
在校生や、これから入学を考えていた学生翻弄されることに、
僕は、奇妙な逆転現象を感じます

そして、
このような捻れをアナウンスする人が少ないことにも、
僕は、違和感を覚えるのです

b0197735_21123447.jpg


[PR]
by hiro-ito55 | 2013-01-27 21:38 | 社会

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー
プロフィールを見る
画像一覧