ちょっとした境界線のこと

訪問中、「湖と池と沼の違いって分かる?」って、利用者さんから聞かれた。

答えられなかったので、調べてみた。

               ・

池は人工物で、湖と沼は自然に出来たもの、

という定義の違いがあるそうだ。

               ・

なるほど。

この点は、質問されてからある程度は考えていたことだ。

だって、「庭に池を作る」とは言うけれど、「庭に沼や湖を作る」とは言わないから。

じゃあ、同じ自然物でも湖と沼の違いは何だろう。

               ・

調べてみた。

水深5m以上のものが湖で、5m未満のものを沼と呼ぶそうだ。

               ・

へぇー。大きさは全く関係ないってことだね。

じゃあ、周囲径が10mのものでも、水深が5m以上あればそれは湖になり、

周囲径が100kmあっても、水深が5m未満であればそれは沼と呼ぶ。

どうやらそういうことになるらしい。

               ・

なんだか屁理屈みたいに聞こえるけれど、定義としてはそうらしい。

               ・

纏めると、三者の違いは、

.池は人工物(灌漑用とか観賞用など)で、湖と沼は自然に出来たものである

.自然物の中でも、水深5m以上を湖と呼び、5m未満を沼と呼ぶ

ということになるようだ。

               ・

なるほど。

じゃあ、それと同じように、山と丘の違いってなんだろうって、

気になったので調べてみた。

               ・                

両者の違いを成立させる条件は、以下の三つだそうで、

この三つの条件全てを満たさなければいけないらしい。

1. 地元の住民が、山(或いは丘)を昔からそれが山(或いは丘)であることを認めている

2. 山(或いは丘)の所在する自治体が、それを正式に○○山(或いは△△丘)と呼んでいる

3. 日本国土地理院が、それを山(或いは丘)であることを認めている

               ・

うーむ...。

どうやら、山と丘の違いに標高差は関係ないらしいし、

人工的に作られたものであるかどうかも、問題ではないようだ。

池や沼の定義と比べると、もっとしっくりとこないような気もするが...。

               ・

因みに、日本一高い山はご存知の通り富士山で、標高は3776mだが、

逆に日本一低い山はというと、標高3mの日和山という山だそうで、

それはどうやら仙台市にある人工の山らしい。

               ・

じゃあ、森と林の違いはなんだろう...。

境界線のことって気にし出したらキリがないから、いいかげん止めといた。

               ・

               ・

               ・ 


[PR]
# by hiro-ito55 | 2018-12-14 21:10 | 日常あれこれ | Trackback | Comments(0)

PCようやく復活

購入してまだ一年なのに...。

自宅のPCが突然作動しなくなり、1カ月の修理の末昨日ようやく戻ってきた。

               ・

でも、全てのデータが初期化されてしまったため、

今まで書き溜めたブログの記事もろとも、全部消えてしまった。

やはりバックアップは取っておくべきだったと、今更ながら後悔...。

               ・

でも嬉しいニュースもあった。

一昨日、ケアマネ試験の合格通知が送付されてきた。

春先から試験勉強一色だったので、無事合格できたことは素直に嬉しい。

来春から実務研修が始まるけれど、それも今から楽しみにしている。

               ・

作業療法士でケアマネの資格を持っている人は少ないようだが、

逆に言えば、僕のような医療職の視点から、違った切り口を作ることもできると考えると、自然とモチベーションも上がってくる。

               ・

中動態の勉強、ターミナルケアへの関心、哲学の実行、

そしてケアマネ実務研修と、これからも忙しい毎日になりそうだ。

               ・

               ・

               ・

               ・








[PR]
# by hiro-ito55 | 2018-12-06 19:19 | 医療・福祉・対人支援 | Trackback | Comments(0)

ケアマネの試験勉強してました

久しぶりのブログ更新。

春頃から始めたケアマネ試験の勉強で段々と忙しくなり、

気がついたら4ヶ月もの間、ブログに手をつけていなかった。

            ・

でも、昨日でその試験も終わり、今はちょっとホッとしている。

独学で半年以上も勉強したのは、ホント久しぶりだったので....。

            ・

今年から受験資格が法定資格保有者に限定され、

試験を受ける人の数が激減したとも噂されていたし、

去年までの過去問と比べると、問題の難易度も少し上がっていたように思う。

            ・

正式な合否の発表は12月上旬だが、

ケアマネの試験勉強のおかげで、僕自身が携わっている介護保険分野に対する理解が、

前よりも少しだけ進んだように感じている。

            ・

白紙だった地図の上に、自分自身の立ち位置と見える景色を書き込むことができた、

そんな気分だ。

            ・

さてさて、合否結果は2ヶ月後には判明するが、ひとまず試験勉強からは解放されたので、

またぼちぼちブログの方を更新していきます。

            ・

            ・

            ・


[PR]
# by hiro-ito55 | 2018-10-15 15:35 | 医療・福祉・対人支援 | Trackback | Comments(0)

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る