考える生き方のヒント       ~今、伝えたいこと~

hiroyan55.exblog.jp
ブログトップ

未だ個人的な質問が多いので、
この記事⇒ PTとOTの違いを上手く説明するために について補足する。

補足内容は、僕らの仕事が名称独占であるということについての、その法的な裏付けである。
以下は、理学療法士及び作業療法士法(昭和四十年六月二十九日法律第百三十七号)より抜粋したものである。


第一章 総則 第二条
 この法律で「理学療法」とは、身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マツサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう。
2 この法律で「作業療法」とは、身体又は精神に障害のある者に対し、主としてその応用的動作能力又は社会的適応能力の回復を図るため、手芸、工作その他の作業を行なわせることをいう。
 この法律で「理学療法士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、理学療法士の名称を用いて、医師の指示の下に、理学療法を行なうことを業とする者をいう。
 この法律で「作業療法士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、作業療法士の名称を用いて、医師の指示の下に、作業療法を行なうことを業とする者をいう。


上記「総則第二条」の1,2の「主として」という表現が、
例えばもし「専ら」であったならば、それは「専従」を意味することになるため、
「主として」以下に記されている内容以外の業務を、
作業療法(若しくは理学療法)だと謳うことは、一切許されないことになる。

が、実際はそうではない。
「主として」という表現が成されている以上、
1,2は、業務の専従性についての規定ではなく、
作業療法(若しくは理学療法)という、業務の性格性を明記したものということになる。

そして、
理学療法士とは、理学療法士の名称を用いて理学療法を行う者を指し、
作業療法士とは、作業療法士の名称を用いて作業療法を行う者を指すことが、
3,4に明記されている。

つまり、
作業療法士が歩行練習や機能訓練をしてはならない、
或いは、理学療法士が作業や工作をしてはならないという業務についての規定はなく、
同時に、作業療法士が歩行練習や機能訓練を行えば、それが作業療法となり、
理学療法士が作業や工作を行えば、それが理学療法となるのだという名称の独占が、
法的に担保されているということになる。

こういった名称の独占であるということは、逆に言えば、
作業療法士が歩行練習や機能訓練を行っても、それを理学療法と名乗ることはできないし、
理学療法士が作業や工作を行っても、それを作業療法と名乗ることはできない、
ということも意味することになる。


また、名称の使用制限については、
以下の「第四章 業務等 第十七条」においても、はっきりと規定されている。

第四章 業務等 第十七条(名称の使用制限)
1 理学療法士でない者は、理学療法士という名称又は機能療法士その他理学療法士にまぎらわしい名称を使用してはならない。
 作業療法士でない者は、作業療法士という名称又は職能療法士その他作業療法士にまぎらわしい名称を使用してはならない。


これらが、
リハビリを行う際に、作業療法士でも歩行練習や機能訓練を、
或いは理学療法士でも、手芸や工作を行えることの根拠であり、
その内容については、作業療法士が行うから作業療法となるのであり、
理学療法士が行うから理学療法となることの根拠、つまり名称独占についての根拠である。

以上、疑問に思っている方々も、これで少しは理解しやすくなったと思う。


b0197735_19214234.jpg










[PR]
# by hiro-ito55 | 2016-09-05 19:32 | 作業療法 | Comments(0)
Windows10に変更して、先日から文字入力のトラブルに悩まされてきた。

ネット上の文字入力画面で、
日本語の入力・変換をするたびに、画面がフリーズしてしまうトラブルだ。

色々な情報から、問題はたぶんIMEにあるだろうと推測できたので、
いくつかの方法で試してみたが、なかなか上手くいかない。

パソコン音痴なのでストレスばかり溜まっていたが、
下記サイトで紹介されている方法を試したら、見事解決することができ非常に助かった。

もしWindows10に変更して、自分も同じ症状に悩まされているという方がいれば、
一度こちらの方が紹介されている方法で試してみるといいと思う。
          ↓↓↓
【IME】Windows10 日本語入力時にフリーズする問題の解決方法


b0197735_2384759.jpg

[PR]
# by hiro-ito55 | 2016-08-24 23:01 | 日常あれこれ | Comments(0)

エンゼルケアを終えて


先日、看護師さんのエンゼルケアに立ち会った。
長女さんの懸命の呼びかけにも拘らず、その方は二度と息を吹き返すことはなかった。
そして、父親の最期を看取ったの長女さんは、母と交代で一年以上も介護に携わってきた。

自分にとって大切なその人が、老いや障害によって、誰かの手を借りなければ、
生きていくことが困難になる瞬間は、たぶん誰にでもやってくる。

そのときに、愛する人への介護を選択するということは、
自分にとって大切な近しい人と、ともに奮闘していく毎日を通して、
一緒に生きることを目指す厳しさに、自ら身を置く決断をするということだ。

そうして時に、自分にとって大切な人のことが、無条件には愛せなくなる瞬間もあり、
そうした辛い現実とも、しっかりと向き合わなければならなくなることもある。
それは、とても悲しいことなのだと思う。

けれどそれでも、介護を受ける側にしても、介護者にしても、
同じように奮闘していく毎日であることに変わりはない。

実際に介護を進めていけば、
そこには、一緒に生きることを目指して、懸命に介護を続けているという思いもあれば、
その苦労を、頼みたくて頼んでいるわけではないという思いもあるかもしれない。
介護を通してそんな毎日が、やがて巡ってくる可能性はきっと誰にでもある。

けれど介護に関わる以前は、
その本当の大変さについて知らないというのが、ごく一般的な感覚なのだと思う。

だから、誰もがとても戸惑うことになるのだし、
今回、父親の最期を看取ったご家族たちも、
介護が始まってから大変なご苦労をされて、ここまでやってきた。

仕事の有給休暇を介護の時間に充てることや、昼夜交代で休みを取りながら看る毎日は、
介護を受けるご本人も含めて、家族としての生活そのものを一変させてきた。

だからこそ、在宅医療・介護に関わる僕らが、
彼らの苦労に少しでも寄り添い、ともに奮闘することが大事になるのだし、
在宅生活の質を支えるという意味において、その関わりは強い意味を持つのだと思う。

介護は、喜びと悲しみが激しく入れ替わる毎日に、
当事者である彼らが戸惑いながらも、それでもめまぐるしく進んでいくものだ。

いいことばかりではない。でも、辛いことばかりでもない。
そうやって、最後まで人間らしく生きようと奮闘する彼らに対して、
その時々で、彼らに寄り添うケアというものが、僕らはできたのだろうか。

エンゼルケアを終えた後、
大切な人を見送るご家族の姿を見て、僕は今までの自分の姿を振り返っていた。


b0197735_2155131.jpg









[PR]
# by hiro-ito55 | 2016-08-18 21:07 | 医療・福祉・対人支援 | Comments(0)

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー