考える生き方のヒント       ~今、伝えたいこと~

hiroyan55.exblog.jp
ブログトップ

感動するということ


歌や詩というものは、その姿や形にこそ人を惹きつける力がある。
普通は、言いたいことや訴えたいことを考えるのが難しいと考えやすいが、
言葉やメロディーの型を決めて、それを表現するほうが難しい。

人が訴えたいことは、
乱暴に言えば、喜怒哀楽の四つしかないと言ってしまってもいいと思う。

表したいことが喜びなのか怒りなのか、哀しみなのか楽しみなのか、
歌や詩の元となるそういった内的な動機は、驚くほど単純なものだ。

でも、その気持ちや情景を表現するための言葉やメロディーを考えたとき、
或いはそれを見つけようとしたとき、
それにはこの言葉しかない、或いはこのメロディーしかないという、
他に置き換えることのできない言葉や旋律の発見や構築が、歌や詩の形を決める。

そして、それを確かなものとすることに、詩人やアーティストの意識は注がれる。


歌や詩が、なぜ人の心を動かすのか。
それはそこに私心がないからだ。

自分が思うのはこれだ、自分が感じることはこうだと、
それをそのまま表現したものは、書いた人の自我にすぎない。

感動は、見る人聴く人と、表現する人との共有物だ。
具体的な気持ちや情景が、ありありと聞く人の心にも思い浮かぶことだ。
自我を相手に見せつけることではない。

だから、本当にいい詩や音楽は、見る人聴く人の心を落ち着かせるもので、
自然とそういう形や姿をとるものとなる。

誰も、自分は感動するぞと、心に決めて詩や音楽に感動するわけではない。
自分というものを忘れて夢中になるからこそ、心を突き動かされるのだ。

それを無心と呼ぶのだし、自己表現に囚われているというよりも、
それはむしろ自分という殻を突破された経験を、確かにしているということだ。
だから、感動は見る人聴く人と表現する人との、共有物と成り得ることができる。


感動するのは、なにも詩や音楽だけでなくてもいい。
リハビリを続けて、やっと少し歩けるようになった...。
自分の手で食べることができた...。
庭に出て外の空気を吸うことができた...。

その瞬間に立ち会えたとき、僕らはそれをともに喜ぶことができる。

そのとき僕らは、無心になっている。
相手もまた、無心になってその瞬間を迎えている。

それは、その姿や形を共有できている瞬間なのだと思う。
感動という共有物が、形を得た瞬間なのだと思う。

具体的な気持ちや情景が、ありありと互いの心にも思い浮かぶからこそ、
僕らは、何かを共有するということの掛けがえのなさを、知ることができる。


b0197735_21384258.jpg










[PR]
# by hiro-ito55 | 2017-02-07 21:48 | 哲学・考え方 | Comments(0)

今年は例年になく忙しく、また充実した年となりました。
忙しさの影響か、このブログを更新する機会も、随分と少なくなった年でもありました。

ブログは、自分の考えを自分で認識するためには、とても有意義なツールです。
考えや思いを言語化せず、その感情をそのまま日常の中で消費していくことは、
毎日を漠然と過ごすという生き方に繋がりかねません。

忙しさの中にも、自分の思いや感じたことに流されず、
人として、少しずつ成長していくためには、言語化という作業が重要なように思います。

僕には好きな、というか、非常にすっきりとくる言葉があります。
それは、「人はいつから大人になるのか」という問いに対する答えです。
               ・
               ・
               ・
「自分の世界を、自分の言葉で言い表せたとき、人は大人になる。
 借り物の言葉をいくら使っても、何を話しているのかすら自分でも分からない。
 それに気付くことができたとき、人は自分の言葉を持とうとする。

 自分の言葉で語ろうとする本能によって、
 それぞれが、それぞれの生に対する答えを見つけようとする。」
               ・
               ・
               ・
それは人間だけがなぜ、言葉というものを持ったのか、
という問いに対する、ひとつの答えだと僕は思います。

だからこそ、僕は自分の経験を大事にしていきたい。
自分の言葉は、自分の経験から生まれてくるものだから。


来年は、もう少し自分の考えを整理して言語化できるよう、
今以上に自分を見つめ直すことができる、そんな年にしていきたいと思います。

今年も一年間、ありがとうございました。
来年は、皆様にとって良い一年でありますように。


b0197735_17424316.jpg










[PR]
# by hiro-ito55 | 2016-12-31 17:47 | 哲学・考え方 | Comments(0)

毎週訪問させて頂いている利用者さんの中に、町工場の社長さんをしてらした方がいる。

リハビリをしながら、働いていた頃の話をよくされるのだけれど、
「へぇー」と思わされることも度々あって、営業職の若い社員にいつも語っていたという言葉も印象的だった。
                    ・
                    ・
――「取引先で、自社をアピールして帰ってくる奴は、まだまだ半人前。
   相手の話をよく聞き、その要望を満たすために、
   自分のできることを見つけようと努力することができれば、やっと半人前を卒業できる。
   そして相手の望むものを理解し、自分から先にそれを提案できるようになれば一人前。」――
                    ・
                    ・
そういうことが、段階的にできるようになっていく人は、
相手先と長い付き合いができる営業マンに育っていくというのだ。

つまり、
営業先で自社製品の特徴やメリットを、熱意を持って語るだけでは、
相手先の信用は全く得られない。

逆に、
話の中から相手の望むものや期待しているものを素早く感じ取り、
それに合わせたディールを展開するためにはどうしたらいいか、
そのことを常に考え、商談を進めていこうとする者が、営業マンとして一人前になっていくということだ。


リハビリもそうではないかと思った...。

自分の知識やスキルを、利用者さんの前でアピールできるのはいい。
それだけ自身があるのだろう。

しかし、それだけでは利用者さんからの信頼は得られない。

初めて利用者さんとお会いするときに、いつも感じるのは、
僕らが望むと望まないとに限らず、治療者と被治療者の間には、
治療者優位の力関係が、既に存在しているという事実だ。

そこで望まれていることは、専門性のアピールよりも、
まずは、僕ら側から積極的に相手の立場になって考えていく姿勢なのだと思う。

相手が何をしてほしいのか、どんな姿を望むのか、
それに対して自分のできることは何なのかを、まず考える。

そして、
相手の望む形に自分の専門性を上手く乗せて、ひとつひとつそれを具現化していく。

作業療法は、相手から共感し、共有しえたものを、ひとつの形にしていく行為だから、
それが上手くいったとき、初めてそれはいいリハビリだったと言える。
スキルや知識の展開は、それを踏まえた上で実を結ぶものだと思う。


良い営業マンと、良い作業療法士。
製品を売ることと、治療することとでは、確かに次元の違う話なのかもしれない。
けれど、相手から信頼してもらうことが必要な点は、両者とも共通している。

では、信頼を得るためにはどうしたらいいか。
それが、自己アピールではなく、むしろ逆の姿勢から始まると考えたら、
この仕事は、とても奥が深く魅力的なものだと感じる。


b0197735_21534958.jpg











[PR]
# by hiro-ito55 | 2016-12-06 22:03 | 作業療法 | Comments(0)

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー