考える生き方のヒント       ~今、伝えたいこと~

hiroyan55.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


僕はOTだけど、
ケアマネさんが作成する担当者会議の要点を纏めた書類なんかを見ると、
僕の欄には「PTの○○さん」と記載されていることが多い。

正直、最初は気にしてた。
けれど、今はさほど気にもならない。

確かにOTは応用動作に、PTは動きやすい身体作りに、
それぞれ焦点を当ててアプローチするという違いはあるけれど、
他職種から見たら、それが具体的にどんな違いになるのかということは、
非常に分かりづらいことだと思う。

病院、特に回復期のようなところでは、
PT,OTそれぞれの担うべき役割が、比較的しっかりと分けられているけれど、
ADL動作に焦点を当ててリハを進めることが得意なPTだっているし、
逆に、基本的身体作りから関わらなければいけないOTだっている。

特に、在宅分野でリハを提供するということは、
その人の、実際場面での生活を行いやすくするための介入、という側面が強くなる。

少なくともニーズを把握した段階から、
リハは、生活支援の中のサービスの一環として捉えられる。


僕らはリハを提供することで、それを具現化していくことを目標としなければならないし、
基本的身体作りから必要な場合は、そこから介入していかなければならない。
OTだからといって、その段階からのアプローチはできませんとは言えない。

歩行練習だって、筋力強化訓練だって、
歩行のための練習でも、筋力強化のための運動でもない。
必ず、歩行できた先には、筋力が向上した先には、といった目標があり、
僕らはそれを見据えて、ともにリハビリを進めていく。

もちろん、日常動作は今のままでも何とか自分で行えるから、
とにかく体力をつけるための運動を提供してほしい、と要望されることだってある。
そういった場合でも、そのニーズを満たすためのリハを提供していかなければならない。

今やるべきことは何かが見えているのなら、そこに焦点を当てたリハを提供する。
そこで、PTとOTの違いはこうですと言っても、何も始まらない。

少なくとも、ケアマネや他職種からすれば、僕らはそういうふうに見られている。


PTもOTも、
どちらも生活支援のための専門職と見られてはいるものの、
リハが、その中でのサービスの一環として、その全体の必要十分が捉えられている以上、
両者の違いについて問うことはほとんどないだろうし、
それについての必要性を感じることは、まずないと思う。

実は僕自身も、その必要性をあまり感じていない。
元々、PTとOTの違いは名称独占にあるのだから、
それを、業務独占に当てはめるような捉え方は、ナンセンスだと思っている。

それよりも、違いを強調するより、対人支援という枠の中で、
僕らが個々の力量で、何ができるのかを模索していくことの方が重要だ。


利用者さんの利益を第一に考えた場合、
ケアマネや利用者さん、ご家族へのリハビリに対する理解が深まることと、
僕らの質的な違いを説明することの間に、直接的な関係はない。

求められたことに対して、応えられるかどうかが問題なのであって、
個々の専門職としての役割は、その中で見つければいいと思っている。

専門職としての誇りを持つのは、とても大切なこと。
けれどそれは、拘りを持ち続けることとは、少し違うような気がする。

分かりにくいかもしれないけれど、
二つの姿勢の間には、何か質的に大きな断絶があるように思う。
それを僕は、他職種の方たちから教えられているのかもしれない。

そうであるなら、利用者さんとともに向き合いながら、
もっと大きな枠の中で、答えを見つけ出していける自分でいたいと思う。


b0197735_19131721.jpg









[PR]
by hiro-ito55 | 2016-02-16 19:16 | 医療・福祉・対人支援 | Comments(2)

リハビリに取り組む価値


最期のときまで、なんとか自宅で生活してみたいと頑張る人がいる。
ほんとうは、娘家族の許で同居すれば、いろいろと援助してもらえるし、
自分の毎日はもっと楽になるはず。

けれどその人は、住み慣れた我が家での生活を選んだ。
死に別れた妻との思い出が、いっぱい詰まった終の棲家だ。

40年の暮らしの中で、子供が生まれ、育ち、ずいぶん賑やかなときもあった。
そしてまた、二人きりになってみると、そこには細やかで静かな生活だけが待っていた。

毎朝同じ時間に起き、一緒に食事をして、
妻が買い物に出掛けている間、自分はテレビや新聞を見て過ごす。

夜になればまた一緒に食事をして、
妻の洗い物や洗濯が終わるのを待ち、一緒に晩酌をして寝床につく。

そんな、当たり前の生活。
細やかでちっぽけだが、それだけで満ち足りていた。


若い頃から、妻にはずいぶんと苦労をさせたが、
今、唯一の心残りは、葬儀に出席しなかったこと。

葬儀の日は、頑として家から一歩も出なかった。
その残酷な現実を、正視することができなかった。
棺の中に眠る妻の顔を見ることが、どうしてもできなかった。


今、いつも毎朝6時に起き、遺影の前で妻に静かに語りかけている。
「今日も一日始まるよ。ありがとう。」

そして、デイサービスやリハビリに、一所懸命取り組む一日が始まる。
妻の墓参りに、欠かさず行けるように...。

何だかんだ言っても、自分自身のためには違いない。
でももし、妻のためでもあるならば、
ここでの毎日の意味もまた、違ったものに変わるかもしれない。
だからそれが、自主トレやリハビリを頑張りたい理由であり、目標でもある。

その頑張りは、
人生全体からみれば、ほんの小さな出来事になるのかもしれない。

けれど、一緒に過ごす僅かな時間でも、
一生忘れることのできない思い出ができるように、
そこに、どういう意味や価値を見出すことができるかで、その価値が変わることがある。

たかがリハビリ。されどリハビリ。
でもその価値や意味は、その人自身が知っているから尊いのだと...。

それは、その人自身が大切にできるもの。
その人自身が育むもの。
そこに、掛けがえのない物語がある。


b0197735_2042289.jpg









[PR]
by hiro-ito55 | 2016-02-05 20:06 | 医療・福祉・対人支援 | Comments(0)

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー