考える生き方のヒント       ~今、伝えたいこと~

hiroyan55.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


「私、障害者だからね。ろくに外も出歩かれんのよ...。」
「こんなこと言うと、軽蔑されるから黙ってたけど、
 何よりも嫌なのは、そんなふうに卑屈になってしまう私自身のこと。」

だからその人は、自分を守るために孤独を選んだ。
誰にも語らず、誰にも頼らず、誰にも分からない場所でひっそりと。


「私は大丈夫。ちゃんとお留守番しているから、行ってらっしゃい。」
「来週、孫が来るの。久しぶりだから楽しみだわ。」

大切な家族に囲まれ、笑顔でニコニコと、
不満も漏らさずに、ただ満ち足りている毎日を送っているふりをしていた。


けれど自らの手で、どんなに堅牢に築き上げた孤独でさえ、
現に感じるその痛みが、それが確かに両刃の剣であることを教えてくれる。

その痛みはきっと、ツナガリを絶ってしまった痛み。
自分を守るはずであった孤独が、皮肉にもいつしか自分自身を傷つけていく。


だから僕は、一緒に散歩してみようと言った。

驚いたその人は、
それでも次に会うときには、スニーカーと外着を準備して、待ってくれていた。
もちろん、杖もしっかりと握りしめて。

最初は、家の前の公園まで。
そして徐々に距離を延ばして、町内の散策に出掛けていく。

近所の人に会う度に立ち止まり、楽しげに会話をするその人は、
聞けば20年振りの散歩だということに、今度は僕が驚いてしまう。

「今のあの人、見ない間に随分と老けたわよ。」
「ここの空き地ね、前は工場が建っていたのよ。」

そう笑いながら話してくれるその人は、
流れてしまった年月に、ほんのちょっぴり後悔しているように見えた。


その人の抱えてきた孤独は、いつだってその人のもの。
どう向き合うかは、その人しだいだと思う。

ただ、それを一緒に解いていこうと、同じ方向を向くことができるなら、
その孤独は、それに触れる人の孤独でもあるような気がする。

だからどんな些細なことでも、
それを我がもののように感じ、見定めようという素直な僕らの能力、
それを信じることで、その人の何かが変わるなら、
人同士交わる意味は、或いは、そんなところに在るのかもしれない。


次に会うときも、きっとその人は笑顔で待っている。
スニーカーと外着と杖を準備して。


b0197735_17282558.jpg



[PR]
by hiro-ito55 | 2014-02-24 17:30 | 作業療法 | Comments(2)

足元が不自由でも、ここに手摺りがあれば部屋から外に出ることができる。
外に出れたら、家の周りをのんびりと散歩したい。

今は、歩く度に膝がずいぶんと痛むけれど、そんなこと私にとっては何でもない。
だって、私にとっては20年振りの散歩になるのだから...。



今は無理でも、なんとか自分の力で起き上がれるようになりたい。
そうすれば、あなたと同じ目線で話をすることができる。

色んな人が私に話しかけてくれるけど、
ベッドに寝転んだままでは、私の世界は、いつも向こうからやってくるものばかり。
そんなとき私は、いつも彼らの顔を見上げていたことに気付く...。



勝つか負けるか、それは分からない。
けれど、癌に侵された私に残された時間は、多分あとほんのちょっとだけ。

だからせめて半日、車椅子に座っていられるようになりたい。
それができれば、家族と一緒に、また梨狩りに出かけて行くことができる。
それが、私を支えてくれた大切な人たちへの、私にできる感謝の伝え方...。



思いを胸に、懸命にリハビリに取り組む人がいる。

それぞれの願いも、その願いに向かって取り組む直向きさも、
それらはどれも、他のものには置き換えることのできないその人自身の姿。

その一所懸命さを前にして、共に少しずつでも歩もうと思えたとき、
僕はふと、その姿はきっと詩に似ているんだということに気付く。


言葉には、
他の言葉で置き換えることのできないものがある。
そのままの姿でずっと覚えておきたい、そういう言葉というものが確かにある。

誰も、自分の好きな詩を、他の言葉で置き換えて覚える人はいない。
詩は、それが表すその言葉のまま、一語一句違わぬ姿のままで覚えるもの。

だからきっと、詩から何とも言えない感動や味わいを得られるのは、
僕らが、言葉の持つ表現力、その姿に捕われているからに他ならない、
そういうことを意味しているのだと思う。


他のものには置き換えることのできない、その人の姿や言葉たち。
見定めなければ一瞬で消えてしまう何かが、形として誰かに伝わっていくのは、
その人と同じ目線で見ようとしているから。

そこには人を動かす力があるのだと思う。
それに応えることのできる人はきっと、その力に驚きながら、
これを過不足なく、しっかりと見定めていこうとしているに違いない。

言葉も心も身体も、
人を動かすのはいつも、感受性なんだと思う。


b0197735_21411740.jpg




[PR]
by hiro-ito55 | 2014-02-20 21:44 | 作業療法 | Comments(0)

歩むために必要な共感性


どんなに拙いコトバしか持たない人であっても、自分のコトバで伝えようとする。
どんなに体が不自由な人であっても、自分の体で何かをしようとする。
それを日々繰り返して僕らは生活し、それぞれの人生を送っている。

それは、私たちは自分のコトバ、カラダに対する信頼を、
無意識の内にでも持っていなければ、
何ひとつできないということを、意味してはいないだろうか。

確かに、人の言動は様々な形で分析し、
関係性を頼りに、その仕組みを理解することもできるだろう。

けれど、
言葉の仕組みについて詳しく知っている人が、
必ずしも、言葉を自在に操れるわけではない。

心身の仕組み、その構造や関係性について詳しく知っている人が、
必ずしも目の前の人を、充分に理解できているとは限らない。

対象を本当に理解するとは、
仕組みや構造について分析し、その関係性を理解するということではない。
その対象と同じ目線に立てるということだ。

あるものとあるものとの関係性を詳しく探っていけば、
対象は自ずと明らかになるであろうという考えは、
今日において、物事を追求して捉えるために、避け難い傾向にある。

しかし、ものとものとの関係性を説く、
そういう諸位相の理解の手助けとして、専ら知性が使われるということは、
下手をすると、対象に直に触れる僕らの感受性を損ない、
全体的秩序のうちに、対象をそのままの形で理解する力を失わせる。

もし、ものの価値が、関係性という相対的世界の中で決定するならば、
価値の優劣は、多数決で決めればいいと思う。

しかし、
対象に直に触れ、そこから感じたものを共有し、共感できたものを大切にする、

そういう親近感から対象に近づく能力は、
相手の価値観に沿って、共にこれを明らかにしようという、
多数決とは無関係な、人同士の日常的交わりのうちに、既に備わっている。

もしそのための方法として、作業療法が使われるのなら、
それぞれの活動は、対象者とセラピストが同じ目線に立って紡ぎだす、
そういう両者の共感的な関係を、保証するだろう。

その、共感的な関係の構築を「結ぶ」と表現していいならば、
僕らセラピストと対象者との関係は、
まずは、絡まった糸を解いていくところから始まる。

結ぶの反対は「切る」ではなく、「解(ほど)く」ということで、
それら絡まった糸を解き、もう一度ひとつひとつ結び直す、
その共同作業のうちに、作業が使われていく。

そうであれば、自分のコトバ、カラダに対する信頼を一度意識化し、
もう一度、それらを無意識の下に返すという巧みについて、
セラピストが、そこに勝手な加工を施すという人為は許されない。

何故なら、
どんなに拙いコトバしか持たない人であっても、自分のコトバで伝えようとする。
どんなに体が不自由な人であっても、自分の体で何かをしようとする。
それを日々繰り返して彼らは生活し、それぞれの人生を送っている。

そこに意味や価値を与えるのは、僕らではない。
彼ら自身であるからだ。

だからこそ、僕らは相手と同じ目線に立ち、
内側から、彼らのそれらを理解する能力が求められる。


もし、仕組みや構造について分析し、理解することには意識的な努力を要するが、
相手と同じ目線に立てる能力は、経験のうちに自然に身に着くことだと考えていれば、
それは間違いだと思う。

ただ、一緒に作業をしていけば、
相手の声は、自ずと伝わってくるというようなことはあり得ない。

たとえば、僕に見えている「黄色」は一色であったとしても、
相手には、様々な奥行きを持つ黄色が、見えているかもしれない。

もしそうだとすれば、
僕には、その微妙な色の違いが見えていないということで、
それに気付かなければ、僕に見える黄色は、いつまでも一色のままに違いない。
そして、努力して見ようとしない限り、それは変わらないと思う。

その努力も、実際に見えてこなければ意味のないことで、
色の構造や特徴を分析して、
頭の中で、色々な黄色があるということを理解することとは、違うと思う。

そういうことに注意が払われれば、
相手の価値観を尊重し、共有し、それを支援するために本当に必要な努力は、
親近感から近づくという対象理解であろうと思う。


類似記事「実用性と表現性 ~その人なりの動作や作業と詩の共通点~」








[PR]
by hiro-ito55 | 2014-02-12 00:05 | 作業療法 | Comments(4)

たまに知り合いのOTさんに会ったりすると、
「一人職場はたいへんでしょ。」なんて言われたりすることがあります。

僕は訪問看護ステーションに勤めていて、職場でOTは僕一人。
すぐに相談できる同職種の人が、近くにいない環境にあることは間違いありません。

同職種のいない職場の苦労は、
常に問題を、一人で背負い込んでしまう危険があるということ。

だから、同じように一人職場で働いている友人のたいへんさも、
ある程度は分かるつもりでいます。

確かに僕自身も、
一人でできることの限界みたいなものを、感じたりすることはあるのですが、
けれど、それはそれで、その機会は逆に必要なことでもあると捉えています。

どんな職場に身を置こうとも、僕らは自分の今できることや守備範囲、
それを知った上で、サービスを提供していかなければなりません。

そして同時に、それらの確実性を高めていって、
少しずつ、できることを増やしていかなければなりません。

その中では、実践したこと、或いは考えたことを、
色々な理論やモデルとも照らし合わせて顧みたり、
関連付けて捉えることで気付きを与えられ、次に備えたりすることができる、
そういう自己研鑽の作業も、僕らには求められています。

それは、一人職場であろうが仲間のいる職場であろうが、一緒のことです。

確かに、自分を磨いていく過程で、
身近に相談できる同職種の人がいるのは、心強いことだとは思いますが、
その人なりの仕事の質を問い続けていくことは、
どんな環境であっても、たとえ一人職場であろうとも、
きっとできることだと思っています。


自分が気付いていない問題を、指摘してくれる他者がいなかったり、
気付いても、充分な対応ができなかったりと、
一人職場で働くというのは、確かにたいへんなことです。

置かれた状況(自分の時間的・物理的守備範囲)を把握しながら、
自分のできること、しなければならないことを、
自分の力でコントロールしていかなければなりません。

そしてそれらを理解した上で、
最善と思えるものを、選択していかなければなりません。

治療過程において、当事者以外の視点や意見の入る機会に乏しくなる点は、
どうしても否めないのです。

だから、
身近に相談・指摘できる同職種の人がいるというのは、大切なことだと思います。


一人職場で大切なのは、
自分自身の力を、自分でしっかりとマネジメントしていく能力です。

これがなかなか難しいのですが、
そんなとき僕は、作業療法士の「士」は「武士」の「士」だと、
まずは、いつも勝手にそう思うようにしています。

たとえ一人職場であっても、いい仕事をするために、
せめてそういう誇りを持って、自分を律して胸を張ることぐらいは、
基本にしてもいいんじゃないかと思っているのです。

それに、同職種の人がいなくても、看護師さんやケアマネさんから学んだり、
教えてくれたりすることはいっぱいあります。

他職種の意見や見方に、直に触れることができるのは、
ひょっとしたら一人職場の特権かもしれません。

そこから、
専門職としての自分自身の形を、相対的に明確にするという手も、
充分にアリだと思います。

僕も実際、
今まで看護師さんからの意見や指摘で、多くの気付きを得られてきました。

だから一人職場のみんな、自分と同じ専門職は自分一人だということを、
あまり後ろ向きに捉えずに、頑張ろうね。

b0197735_17393936.jpg



[PR]
by hiro-ito55 | 2014-02-03 17:47 | 作業療法 | Comments(4)

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー