<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

違いを認めること


としさんのブログで知ったのですが、
作家の乙武さんがイタリア料理店の入店を拒否されたことを、
自身のツイッターで呟いたことが、先週話題になっていました。

今回の彼自身の言動は、
健常者との違いを再認識させられたために出たものだと僕は思っていますし、

乙武さん自身は後で否定してはいますが、
お店の実名までツイッターで公表したところをみると、
介助してもらって当然』とする考えが、彼自身の中にあったのかもしれません。

もし、
『してもらって当然』という考え方が彼自身にあったとすれば、
それは、実は乙武さん自身が自分は障害者であり、
その立場から主張しているからこそ、取ることが可能な態度であったはずです。

しかしそれは、
彼自身が常に主張しているような、健常者も障害者も同じだという考え方と、
矛盾するように思うのです。

だから僕は、
彼の言動に、少なからずの違和感を覚えてしまいました。


どのような場面においても、
差別する、されるということは勿論いけないことですが、
健常者と障害者は、やはり同じではないのです。

もし、
健常者と障害者の間に壁が存在するならば、
この問題は、両者の違いを受け取り、それをどう扱うか、
終始一貫して、そこに注意が注がれなければならない筈
です。

問題を受け取ったときに、
両者が同じでなければならない、というところから捉え始めるのと、
両者の違いを認めるところから捉え始めるのとでは、

健常者が障害者に、
或いは、障害者が健常者に接したときの態度も、大きく違ってきます。

結果として同じなのではなく、
方法や手段として違いを同じにしていくことが、生きやすい社会であるのか、

或いは、違いを当たり前のこととして受け取れることを目指していく、
それが生きやすい社会であるのか、
ということは、根本的な問いの投げかけ方であろうと思います。

それを考えたとき、
僕自身は、健常者と障害者が違っていること、
それを認めるというのは、何も特別なことではなく、

それは例えば、
僕と僕のブログを読んで下さっているあなたが違う、
ということと、同じではなかろうか
と思うのです。

もし、
人としての僕とあなたは違うし、
同じに扱われないのは当たり前のことというのは認めるけれど、
健常者と障害者は同じに扱われるべきで、その違いは認められない、と考えるならば、

それは、人と人との間で、健常者と障害者の違いだけを
解消されるべき、且つ存在してはならない特別な違いとして、見ていることになります。

もし、健常者も障害者も同じであると本気で考えているならば、
そもそも片方の立場からの主張を、一切してはいけないことになるはずですが、

そのように考える人たちは、バリアが存在する場面に出くわすと、
片方の立場を強調して、それはおかしいと主張し、
違いを解消するように求めてきたりします。

しかし、
健常者と障害者が同じであると主張するために、
逆に自分の置かれた一方の立場を強調して、その考えを主張するというのは、
随分とご都合主義的な態度のように思えるし、
論理的に考えれば、矛盾する主張なのではないでしょうか。

僕の感じる違和感は、実はそれなのです。


繰り返しますが、差別はあってはならないことです。

しかし、
その差別をなくすために、みんな同じにするのが良い社会であるとは思いません。

大切なのは、自分の理想を押し付けるのではなく、
そういう違いがあることを認め、その違いが不快なものとならないように、
感謝や親しみ、信頼で繋いでいく努力


つまり、『してもらって当然だ』と考えるのではなく、
少しでもその違いをお互いに認められるようにしていく、
多様性を許容していくような努力
だと思います。

そうだとすれば、ハード面もソフト面も含めて、
バリアフリー化という課題もそういった側面で捉え直し、
そこからのアプローチが求められる問題でもありそうな気がします。

僕が思うのは、
殊更、自分の立場を強調すること、
或いは、『みんな同じ』であるのが生きやすい社会なのではなく、
『みんな違っていること、それを認める』のが、
きっと生きやすい社会なのではないか
、ということです。

b0197735_17502071.jpg


[PR]
by hiro-ito55 | 2013-05-27 18:12 | 社会 | Comments(2)

結果に拘る前に必要なこと


結果に拘っていきたい』という言葉を、最近はよく耳にします。
多くの場合、その言葉は前向きな良い姿勢として捉えられます。

僕ら医療・介護従事者にとっても、
結果や正しさに拘るのは、もちろん大事なことです。

それに、結果が出るということは、
その方法が正しかったことの証明にもなります。

しかし、
いつの間にかその耳触りの良い言葉だけが、
独り歩きしてはいないだろうか
と、ふと思うこともあります。


結果を待つ姿勢が必要とされる時期や、
思うような結果がなかなか出せない時というのは、
どんな仕事をしていても必ず経験するものであると思うし、

そんなときは、自分が一所懸命であればあるほど、
『こんなに精一杯やっているのに...。』
と、ついつい愚痴を溢してしまいがちです。

一所懸命に取り組んだあとの結果。
そして、それに拘ること。

それは確かに大事なことですが、
仕事をする上では、まず結果に拘る、そういう姿勢を持つことよりも、

自分の出来ることを探し、
その確実性を上げていくための、自分なりのプロセスを作り上げること、
そういう姿勢を持つことの方が、先である
と思うのです。


当たり前のことですが、
自分のできないことをいくら考えても、結果には繋がっていきません。

結果というのは、
いつでも、自分のできることを積み重ねた先にしかない
のです。

だから、
今、目の前の自分ができ得る精一杯のことを探そう、
そういう姿勢を、まずは持たなければいけないし、

結果について言えば、根拠や論拠に従って、
ある程度今後のことに予測を立てることはできますが、
そもそも未来のことなんて、確実には誰にも分からないものです。

僕の経験でいうと、
訪問リハの世界ではそもそも、
事前に準備できていないことは、実際のリハの現場でもできないし、

たとえ事前にあれこれ準備していたとしても、
そのうちの2~3割ぐらいしかできない、ということがよくあります。

準備していないことはできないし、
自分の準備したことが結果に繋がる保証さえ、どこにもないのです。

けれど、どんな人でも、
今、自分にできることというものは、確かにあります。
自分にできることならば、その責任を引き受けることもできます。

ならば、
『今』に立ち会う僕らがしなければいけないことは、
どんな状況でも『その時』に、
自分にできることを、最大限に発揮できるように準備していくことと、
できることのその確実性を、高めていくための努力をすることである

と言えるのではないでしょうか。

そして、
準備と実践を反復していく、そういう姿勢の中からでしか、
自分のできることの確実性は、けっして育ってはいかない。

自己満足に浸るでも、闇雲に突っ走るでもなく、
それが、全力を尽くすということだと思います。

結果や正しさは、それを積み重ねた先にしかありません。

だから、
結果として良い医療やケアをしたければ、
各々が各々のやり方で、真摯に粘り強く、
それらと向き合い続けていけばよいのだろうと思います。

そして大事なのは、それが、
僕らが利用者の前に立ったとき、
自分のすることを、正しいとか正しくないとか、
そういう基準と照らし合わせてみる前に、
まずは必要とされる姿勢でもあるということで、

そしてそういう姿勢がなければ、後々それが良い結果を齎したとしても、
自分のしたことが正しかったのか、間違っていたのか、
自分でそれを判断する資格すらなくなってしまう

つまり、
結果に拘る資格さえ、なくなってしまうように思うのです。


どんな仕事でも、
結果に拘る姿勢を持つというのは、もちろん大事なことです。

けれど僕らが、結果という未来に拘るあまり、
今、自分自身にできることを選択する努力を怠っていれば、

利用者が本当に必要とするような医療やケアなど、
初めから提供できないだろう
と思います。


明日も訪問6件。
僕もまだまだ、準備と実践を反復していく道の、その途上にいます。

b0197735_021135.jpg


[PR]
by hiro-ito55 | 2013-05-22 00:20 | 医療・福祉・対人支援 | Comments(0)

ひさしぶりにトム


このところ忙しくてのんびりする時間もなかったけど、
先日、久しぶりに実家に。

玄関を開けると、早速コイツ↓のお出迎え。
いつも部屋まで案内してくれます。
b0197735_18195510.jpg 

















オラオラ、ちゃんと付いてくるんだぜ...。
b0197735_18222532.jpg
















おっと、その前に...
b0197735_1824557.jpg
















出すもん出せや!
b0197735_18255230.jpg
















...と、言われた気がしたので、取り敢えず『出すもん』を出してみる。
b0197735_18274279.jpg
b0197735_1831356.jpg






























やはり目の輝きが全然違う...。

b0197735_18331691.jpg
















12歳を過ぎたのに、食欲も上場。
b0197735_18355499.jpg
















ガッついております。
b0197735_18373854.jpg
















んで、お腹が満たされた後は、

...寝る。
b0197735_18394751.jpg
















寝る!
b0197735_18405758.jpg


















つまらないので、起こしてみた
b0197735_18442130.jpg
















ちょんまげ...。
b0197735_18463183.jpg
















ちょんまげ!
b0197735_18471395.jpg
















...やめなはれ。
b0197735_1849373.jpg

















                    
その頃、T氏所有の『くま吉』は...、
b0197735_18513984.jpg

















...やめなはれ!
b0197735_18524266.jpg
















               
               ・
               


あ~、のんびりしてぇ...。
b0197735_18553740.jpg









[PR]
by hiro-ito55 | 2013-05-19 19:08 | ネコ | Comments(2)

闘う人


端坐位になりたい...。
車いすに移って散歩をしたい...。 


あなたがそう言ったとき、
そこには、あなたの一大決心があったはず。

僕は、それを叶えてやりたい。

たとえ、その望みの切っ掛けしか、
作ってあげることができなかったとしても、

僕は、
その望みを、あなたのその願いを、
叶えてやりたい。

勇気をふりしぼって言ったその言葉。
今でもその重みを、僕は忘れたくはない。

たとえ失敗しても、成功しても、
その姿が人間らしいということならば、

そこに、挑戦する価値はあると思う。

僕の力が微々たるものだとしても、
あなたが望むなら、僕は全力でそれを支援する。




今の職場では、同行訪問の時期から、
ターミナル(終末期)の方も、数名担当させて頂いています。

ご自宅に伺うと、
痛みや体調不良から、呼吸介助やリラクゼーション、
或いは、可動域運動のみで終わってしまう場合もあります。

今日も、
ターミナルの方数名に、訪問リハをさせて頂きました。

比較的自立度の高い方から終末期の方まで、
毎日、色々な方を担当させて頂いている中で、

いったい、
良い医療やケアとはなんなんだろう、と考えることがあります。

例えば結果を出すこと、それができたとき、
確かにそれは良い医療やケアだった』と、
後から言うことはできると思います。

しかし、
自分がもし相手(利用者)の立場だったら...、
そういうことに思いを至らせる、僕らの感性想像力と、

そしてそこから、
自分のできることをひとつずつ丁寧に見極めていく姿勢

そこにヒントはないだろうか


自分がもし、目の前の利用者と同じ立場だったら、
きっとこういうことに苦しさを感じ、
こういうことに手を差し伸べてもらいたいと思うだろうな...

もし、良い医療やケアをしたいのであれば、
利用者と向き合うとき、相手が例えどんな状態であろうとも、

僕らはいつも、
そういう問い方や関わり方を、忘れてはいけないと思うのです。


目の前にいる人と対峙したとき、
何かを感じ取ろうとする姿勢や共感から、知り得るものがあり、
そこから繋がりが生まれてくる
ということ。

自分のできること、できないことも、その中にしかないということ。

それが分かったとき、
自分にできることを、最大限に発揮できるように準備していく

そういう姿勢が、やがて支援の形となっていく、
そういうこともあるのだろうと思います。

b0197735_0405484.jpg


[PR]
by hiro-ito55 | 2013-05-15 01:33 | 医療・福祉・対人支援 | Comments(0)

ペーパークイリング


ペーパークイリングって何かというと、
細長い紙をクルクルと巻いて作る手工芸のこと
担当の利用者さんが教えてくれた

b0197735_2042452.jpg


巻き方によって色々な作品ができるらしいんだけど、
彼女が作っているのは、ストラップ
友だちにプレゼントするために、心を込めて作っています


こうやって巻きつけた紙を糊でつないでいき
b0197735_2042473.jpg

台紙に貼り付けます

真ん中のキラキラ光る銀色の飾りは、
ネイルアート用のビーズを応用したもの。

b0197735_20443252.jpg

b0197735_20452077.jpg


それをプラスチックのケースに入れて完成

b0197735_20461437.jpg



リハビリが終わった後に、
僕にこれを見せてくれた彼女の目は、とても輝いていた

やっぱり、誰かのために何かを作るってのは、
作る本人にとっても嬉しい
そんな当たり前な気持ちが、僕にも伝わってくる

そして、翌日にはイチゴ狩りに行かれるそうで、
呼吸器にはイチゴのデコレーションが。

b0197735_20485311.jpg


そういえば、この日の彼女の上着もピンク色
天気も良さそうだし、
こんな感じ↓↓で、大好きな夕空も見れるといいね(^o^)/。



[PR]
by hiro-ito55 | 2013-05-12 20:50 | 作業療法 | Comments(0)

自分の足で歩くということ


心身が何かにひどく疲れてしまったとき、
僕は、平日なら10時間以上、
休日なら12時間以上寝ることにしています。

それで、心身の疲労の少なからずはリセットできるし、
我ながら都合のいい体質だと思う。

けれどもし、
自分の足で歩いていくことに、不安や悩みを抱えてしまったときは、
問題はもっと根源的であるから、いつもより多く寝たからといって、
その問題の解決には繋がっていかない。

そんなとき僕は、
小林秀雄の本や、彼の講演のCDを聴くことにしています。

小林は、自分の見たもの、聞いたもの、確かめたものしか語らない。
自分自身で感得したものしか言葉にしない。

彼は、
知的好奇心を満たすだけの絵空事は、
所詮インテリのNarcissismだと、端から相手にしない代わりに、
自分の眼力を磨くことに心血を注いだ人で、

そこから得たものを言葉にして表現すること、
ただその一点に、人生を賭けることができた人だと、僕は思っている。


人一人が自分らしく生きていくためには、
自分の経験を何よりも大事にしていくことは、勿論大切なことだけど、

その自分の経験を主観的、客観的、相対的に眺める前に、
何かに引き寄せられ、包まれ、心動かされる瞬間、

そういった自分自身の経験が、いったい何物であるのかを、
まずはしっかりと見定めることが、何よりも先であると思う。

比較され、相対化されることで、
自分の経験を、関係性という枠の中で捉えることはできるかもしれない。

けれどそれは、
きっと、自分の経験を真正面から見詰めたことにはならない。

心動かされる瞬間、それがたったひとつの経験であったとしても、
そこに全体が隠されているのか、
それを見定めるのは、他の誰でもない自分自身であるということ。

これは、人それぞれが、自分の道を歩んでいくために、
とても大事な事実であるように思います。


どんなに大きな法則を発見した偉大な科学者でも、
その発見の裏には、自分自身の経験に対する驚きや感動が隠されていて、

それを手掛かりに事を進めて、やがて大きな発見へと繋げていった、
そういう科学者自身のabilityについては忘れられがちで、

僕らはどうしても、形として残されたもの、
完成されたものだけに目が行きがちだけど、

自分の見たもの、聞いたもの、確かめたもの、
それらが何物であるのかを問う能力を養うこと、

どのような分野で生きているとしても、
経験を磨くこととは、そういうことだと思うし、

それが、自分の道を作っていくことだと思う。

人は、どんな人でも自分の人生を生きることしかできない。
他人の足を借りて前に進むのは容易いが、他人の人生を歩むことはできない。

ならば結局、
知ることは、自分の人生を信じることに繋がっていく。

例えどんなにちっぽけな人生でも、
それを相対化し、他との関係性の中に落とし込む権利など、誰にもない。


信じるとは、
自分の経験を自分の言葉で見定め、考え、それを表現できること。

それが、自分の足で歩くという事だと、僕は思っています。

b0197735_0114258.jpg


[PR]
by hiro-ito55 | 2013-05-05 00:42 | 哲学・考え方 | Comments(8)

お昼は日の丸弁当ですが、なにか?


新しい職場に移ってからというもの、
毎日コンビニおにぎりと、サンドウィッチの昼食を繰り返していたら
蕁麻疹が出てしまったので、
最近は、弁当を持っていくことにしています。

弁当といっても、出勤前は時間がないから、
お米を炊いて、梅干しを入れるだけ

勤務中は忙しいし、
それに自分だけが食べるものだからこれで十分
と思って職場に持っていったら、

あれ!日の丸弁当じゃ~ん♪ 寂しいね、どうしたの?』と、
居合わせた看護師に笑いながら驚かれ、

所長に至っては、
心配そうに『これ食べる?』と、
自分のお弁当を半分分けようとして下さるし...。

いや、皆さん、
僕に無いのはお金じゃなくて、時間根気なんですよ
お昼におかず買えないほど、エンゲル係数も高くないですよ

けど、弁当のことで変に心配されてもアレなんで、
次の日からは、少しおかずを足してみました。 
┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ...


それにしても...。

弁当作りなんてやったことないから、こんなもんだろうと諦めてるけど、
見た目からして、あんまり美味そうじゃないよね...。(;一_一)

b0197735_17131872.jpg


我ながらひどい...。(T_T)


そこで、
弁当作りにセンスは求めないまでもせめて身体に良いものをと、

知り合いの蕎麦屋の女将さんに、
お店で扱っているお米梅干しを、お裾分けして頂きました。

お米は、白米と玄米がミックスされた『音羽米(おとわまい)』。

b0197735_17204858.jpg


裏には、音羽米に纏わる小話なんかが載ってたりして、
なかなか小洒落ているお米なのです。

b0197735_17205365.jpg


そして『小山さんの梅干し』。

b0197735_17212574.jpg


小山さんが誰だか分からないけど、
両方とも、もちろん無農薬・無添加(―_―)!!。
たぶん、身体には良い(―_―)!!。

見た目はショボイ弁当でも、
素材って、やっぱ大事だよね

毎日、美味しく頂いてます(^_^)。







[PR]
by hiro-ito55 | 2013-05-04 17:26 | 日常あれこれ | Comments(0)

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー
プロフィールを見る
画像一覧