<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ただ闇雲に向かっていくことだけが、プロの仕事ではない


小難しい話ですが...。

作業療法士として一所懸命にやること、最善を尽くすこと、
そんなことはプロとしては当たり前のこと。

じゃあ、その当たり前のことをしていれば、プロの仕事として充分なのか、
といったら、実はそうでもないと思う。

在宅生活の持続可能化を目指すなら、
習慣可能化をキーワードに、活動の再現性を高めていくことは重要で、
それに向けて一所懸命にやることは、プロとしては、最低限当たり前の姿勢。

けれど、
ただ闇雲に真面目にやっていれば、必ずしもそれが成功し、
評価されるとは限らない。

むしろ、その日、その時、その状況に従って、
その都度判断して、修正していかなければならないことの方が、
多いのかもしれない。

例えば、
リハビリ場面に加えて、ご家庭でも車いすに乗せて、
抗重力筋に負荷をかけて鍛える時間を設けることで、
もう少し姿勢がよくなる筈、心肺機能も活性化される筈、
できることに目を向けてくれる筈、

そう予測される場合でも、
ほんの僅かな介助時間を増やすことでさえ、
ご家族にとってそれが大きな負担になってしまうのならば、
他の方法を考える必要だってあり得る。

仕事をしていると、
そういうケースに出会うことが、たくさんあります。


『それは分かってるんですが...。』
もし、現場でご家族やご本人からこういう言葉を聞いたら、

それは、
セラピスト側が、『支援』をゴリ押ししかかっているサイン。
僕はそう思っています。

そんな場面に出くわしたら、必ず立ち止まって考えてみる。

ご本人もご家族も、
ベッドから離れ、動けるようになるのは嬉しいけれど、
動けることで、見守りの時間や介助の負担が増えるようなことは望まない。

家族なんだから、一緒に何かをしながら過ごす時間も大切だけど、
自分の時間や身体を守ることも大事。

リハを依頼された時点で、
こういう不安定なジレンマを抱えながら、
どう処理してよいか分からず、それが大きなストレスになっている、
僕の場合は、そういう方がけっこう多い。

そんな中、
『こうあればいい』、『このようにしたらいい』、
そういう目指す場所が見えてくることは、プロであればある意味当然のことで、
そういったものは、どんどん提案すればいいけれど、

人一人が生活していくこと、生きていくこと、
その中には様々な思いや、やり方があるのだから、

その方法や提案は、必要でありながら、且つ十分であるのか、
それをしっかりと見定めることが、何よりも大事になっていきます。

一所懸命にやること、最善を尽くすこと、
それが、プロとしての必要条件ならば、

その日、その時、その状況に従って、その都度判断していけること、
それが、プロとしての十分条件なのかもしれません。

けして、専門性を武器にして、
ただ闇雲に向かっていくことだけが、プロの仕事ではない。

ただ、難しいのは、
必要条件には方法論はあるけれど、
十分条件の方には、画一的と呼べるような方法論はない、
ということ。

そして、
その日、その時、その状況に従って、その都度判断していけることと、
場当たり的に流されていくこととは違う、
ということ。

変化する状況に従って、その都度判断していくには、
相手に共感し、それを共有しながら相手を支援し、共に歩んでいく、
という基本姿勢と、

そういう感受性を主とするものに、ただ流されないようにするため、
それを見定める能力が、同時に要求される。

そして、それを見定めることが、
一所懸命にやること、最善を尽くすこと、
そういった姿勢を、キープしていくための条件だったりする...。

それが分かったとき、
プロとして道を走るというのは、容易なことではないと感じる。

対人支援とは、奥が深いもの...。

専門性を発揮しながらも状況を読み、これを見定めること。
僕の思いと相手の思いを繋げ、ひとつの形にしていくこと。

僕が専門職である以上は、常に求められるテーマです。

b0197735_01761.jpg


[PR]
by hiro-ito55 | 2013-04-26 00:44 | 作業療法 | Comments(0)

供養され、思い出されるということ


お彼岸中は忙しくて行けなかったので、
休みを利用して、お祖父ちゃんとお祖母ちゃんのお墓参りに。

今回は、約四か月ぶりのお墓参り。
お祖父ちゃんが亡くなってから七年が経つ。
お祖母ちゃんはそれよりも前の、十一年前に亡くなった。

今回のお墓参りでは、出掛ける前にふと思い出した言葉がある。

死者は去るのではない。還って来ないのだ。
  と言うのは、死者は、生者に烈しい悲しみを遺さなければ、
  この世を去る事が出来ない、という意味だ。
  それは、死という言葉と一緒に生まれて来たと言ってもよいほど、
  この上なく尋常な死の意味である。―
                    ―小林秀雄『本居宣長』



お二人とも、
最期の数か月間は、だいぶ我がままだったように思う。

お祖母ちゃんは、入院生活が嫌で嫌で、
病院から自分でタクシーを呼んで市場まで出かけたり、
院外の喫茶店にコーヒーを飲みに行ったりしていた。

止めていたタバコを吸いだしたのも、ちょうどその頃。
それを知った担当の医者はカンカンで、母親がよく呼び出されて注意を受けてたし、
そのせいで、何度も転院させられたりもしたっけ...。

お祖父ちゃんの方はというと、
夏場を中心に、脱水症状などで入退院を繰り返していたけれど、
段々そういう生活に嫌気がさして、『もう良くならん!』と臍を曲げてしまい、
病院でのリハビリを徹底的に拒否。

母親が、僕がリハビリの仕事をやっていることを伝えると、
渋々運動してはいたけれど、
『ワシは日体大の出身だ。こんな幼稚な運動などやっとれるか。』
と毒付くのが、お祖父ちゃんの口癖だったらしい。

そして挙句の果てには、
大好物の『寿司が喰いたい』と言い出して無理やり出前を取り、
喉に詰まらせた後に肺炎を起こして、結局それが原因で亡くなってしまった。

お二人とも、
僕がお見舞いに行くときは、いつもニコニコして優しかったけど、
患者としては恐らく、厄介者の部類に入っていたと思う。

そして、本当は家に帰りたかったんだと思う。


子供の頃、ケンカをして腕を怪我してしまったとき、
ケンカの理由なんて一切聞かず、
黙って傷の手当をしてくれたお祖母ちゃん。

泊まりに行くと、いつも薪で罐に火を入れて風呂を温め、
『湯加減どうだ?』と、
全身汗だくになりながら覗きに来てくれたお祖父ちゃん。

お二人とも気丈な人だったから、
病院で僕と会っても、『家に帰りたい』とは一言も言わなかったし、
いつもニコニコして元気そうに見えたのは、
孫に対する気遣いだったのだろうか。

だから、
二人が亡くなったときは、死そのものというよりも、
もう一度会うという当たり前のことが、永久に叶わなくなったこと、
そのどうしようもない事実が、とても悲しかった。


―死者は去るのではない。還って来ないのだ。―


きっとそうだろう。
亡くなった人は還ってはこない。

だからこそ、せめて一緒に過ごした人が、
供養を欠かさないようにしなければならないのだと思う。

近しい人によって供養され、思い出されることが無くなれば、
どんな人の歴史も、意味を成さないだろう。

人の歴史は、墓石に刻まれた生没年月日のように、
無機質に並べられた、時間の標本のようなものではなく、

物語り、思い出すことによって甦らすことができる、
きっと、そういう性質を持ったものだと思う。

亡くなった人は生者の前から『去っていく』、
そういうものならば、
その人の死は、距離を置いて捉えられる余地もあるけれど、

『還って来ない』ものであれば、
その人の歴史も、二度と繰り返されることのない、
身近で掛けがえのないものとして、残された人の心に留まる。

そうして心に留まるからこそ、人の死は悲しいのだと思う。

そして、
その悲しみを、ただ悲しみのままにしてしまわないように、
悲しみを、不安定な感情のままにしてしまわないように、
お墓参りや供養という、何らかの形で残していく。

たぶん人には、
そうすることでしか、悲しみを見定めることはできない。

だから、
亡くなった方だけでなく、
残された人にとっても、お墓参りは大事なのだと思う。

b0197735_20372543.jpg


[PR]
by hiro-ito55 | 2013-04-18 21:31 | 日常あれこれ | Comments(0)

1割未満の時間と、9割以上の時間


168時間...。
時間に換算すると、一週間は168時間です。

病院勤務だろうが、訪問リハビリだろうが、
OTとして、実際に僕らが利用者さんに関われるのは、
そのうちの、僅か数十分~数時間。

残りの9割以上の時間は、
ご本人と、それを支えるご家族の時間です。

『リハビリを始めたお蔭で、歩く時の膝の痛みが楽になりました。』
『今まで移乗に苦労していたけど、楽に介助ができるようになった。』
『自分で動きたいという気持ちになってくれた。』

そんな言葉を、
担当の看護師やご家族、ご本人などから頂きます。

素直に嬉しいけれど、僕らはこれを勘違いしてはいけない。

なぜなら僕らは、
利用者さん自身に元々無いものを、新しく生み出すことはできないのだから。

僕らに出来ることは、
利用者さんの持っているものを引き出すための、
その切っ掛けを作り出すということ。

そして、その切っ掛けを上手く提示することによって、
残りの9割以上の時間が、変わっていくことがある。

これは紛れもない事実なんだけれど、
反対に、僕らの関わった時間が1割にも満たないというのも、また事実。
僕ら一人一人は、これをどう捉えるか。

『リハビリのお蔭で助かりました...』
『リハビリの先生が頑張って指導してくれたから...』
ご家族やご本人が、そう思って下さるのはいいことです。

けれど、
僕らがその言葉を過剰に評価して受け取って、勘違いをしてはいけないと思う。

もし、『頑張れた』のであれば、
それは、9割以上を占める時間の中で起こったことかもしれないし、
頑張ったこと自体、紛れもなくご家族やご本人であって、僕らではないのだから。


他人である僕らが忘れてはならないことは、
どんなに綺麗ごとを並べてみても、僕らはリハビリを提供した後、
時間が来ると、いつでもさよならできる立場にいるということ、

一方、
ご家族やご本人には、10年も20年もその先の時間があるということで、
両者の間にあるその違いは、
どうしても乗り越えることができないものなのです。

それに僕がもし、患者や利用者の立場だったら、
毎日毎日、頑張り続けることなんてできない。

本当に教えてほしいのは、短期間に頑張ってできることと、
10年、20年と続けられるような身体の使い方、生活の仕方、
その両方だと思う。

共に頑張れる時間と、
あなたがいなくても、続けていくことができる時間。

それは、1割未満の時間と、9割以上の時間。
そして、支援の時間と、自律の時間。

その二つの時間があることを無視して、僕には、
『とにかく、これから頑張ってリハビリすれば良くなります。』
なんていう言葉を、気安く使うことはできない。

在宅生活は、
リハビリで頑張れば良くなりますというほど、単純なものではないし、
リハビリの時間で頑張ることだけが、万能薬になるということでもない。

僕らが関わり共に頑張れる時間と、それ以外の時間。
その二つの時間を継続できることで、在宅生活は成り立つのだから、
感謝の言葉を頂いても、そのことは忘れてはいけないと思う。

b0197735_1821330.jpg


[PR]
by hiro-ito55 | 2013-04-14 18:23 | 作業療法 | Comments(0)

寄り添うことの難しさ


事務所のトイレで見つけた、相田みつをの言葉

 花には人間のようなかけひきがないからいい
  ただ咲いてただ散ってゆくからいい
  ただになれない人間のわたし ―



これを見たとき、小林秀雄の言葉を思い出しました。

― 美しい花がある、花の美しさというようなものはない。―

上手く言えないけれど、
この二つの言葉は、どこかで繋がっているように思う

『かけひき』や『花の美しさ』を作り出すのは、
そのままの姿を見ようとしない、或いは見ることのできない、
人の持つ弱さや悲しさかもしれない。

何かを見て、誰かに触れて、
そこから意味なり何なりを読み取ろうとする姿勢。

それは、人として重要な姿勢でもあれば、
時として一方通行な解釈と、紙一重な場合もあるのです。

僕らの世界では、
よく『その人に寄り添う』という言葉が使われるけれど、

自分なりに解釈してしまうことの恐ろしさを知らないと、
寄り添うことなんてできないと思う。

利用者さんは時として、
セラピストや介護者に、様々なことを訴えることがあります。

それは聞いてほしい、分かってほしいという要求であったり、
或いは、こうなりたい、ああなりたいという願望であったり...。

僕らは専門職なので、
それらを自分の専門性に照らし合わせて解釈しようとします。

けれど、ただ一緒にその時を過ごす、
そういう時間を持てたことだけで、それらが解決してしまう場合もあります。

そういった場合そこには、専門職としての専門的な言動が、
却って、利用者さんの孤立感を深めてしまう、そういう事実があるのだと思います。

僕らの言動によって、治療者と被治療者という関係性を確かめること、
それが、両者の距離感を作り出してしまうのかもしれません。

私は治療者で、あなたは被治療者である、
そういう距離感が、僕らとしては当たり前のものでも、
利用者さんにとっては、不自然なものであったりする....。

特に、訪問リハビリや訪問看護といった在宅医療の世界では、
相手からの要求や願望が、被治療者としてのそれではなく、
生活者としての心の葛藤から来るものであることが多い。

まずはただ、額面通りに受け取ってほしいという訴え。

それは、専門的な解釈を求めているのではなく、
まずは、ただ受け止めてほしいという、切実なサイン。

その時に、僕らに求められるのは、専門職としての見解ではなく、
ただここにいる一人の人間として、それを聞いてあげられるという姿勢。

でもそれが、寄り添うことの難しさでもあると思うのです。

b0197735_19581688.jpg


[PR]
by hiro-ito55 | 2013-04-08 20:18 | 医療・福祉・対人支援 | Comments(0)

守破離と、世界を見渡すこと


主に、
伝統技術や、芸術の分野に携わる方などの間で使わる言葉の中に、
守破離というものがあります。

どんなものでも、
伝えられた技術や技を、そっくりそのまま弟子や教え子が守ることで、
ひとつの型ができていくもので、

その同じ型は、
何度も何度も繰り返し模倣されていくうちに、
まるで所作のひとつのような、自然な型となって馴染んでいきます。

技術や技を引き継ぐ人には、
ひとつのことを繰り返し守ることによって、
ここはこうした方がいいのではないか、ああした方がいいのではないか
という自然な気付きも生まれてきます。

そしてその気付きによって、
守ってきた型を少しずつ破り、合わなければ戻り、また少し破ってみる...。
そういった反復行動が生まれてきます。

そして、そのような試行錯誤を何度も繰り返すうちに、
元あった型から、少しずつ離れることができる
のです。

このような流れを、守破離と言うのですが、
もちろん、全ての技術や技が、守破離の過程を辿れるわけではなく、
『守』だけで終わってしまうものもあります

しかし、
どんな技術にしろ芸術にしろ、
それを継承し、生き残らせていくためには、
このような型の変化の流れは、欠かせないものでしょう。


技術や芸術の世界だけでなく、僕らが生きる一般社会においても、
一見すると、一足飛びにして辿り着いたように見えるアイデアでさえ、

良いアイデアというものは、たとえ体系化・言語化されていないものでも
必ずその論拠や土台となるものが背景にあり、
且つ、しっかりと根を下ろして存在しているもの
です。

例えばブレイクスルーとは、
一か八かの思考の大ジャンプによって齎されるのではなく

そういう気付きに立ち会う瞬間が、
守破離という過程を土台にして齎されるものであると、
個人的には考えています。


仕事にしろ、趣味にしろ、ひとつの物事を追求すればするほど
今まで目の前にある木一本を見ていればよかったものが、
あたかも森の中に分け入って、森の中から全体を探るような、

そんな、
物事の奥深さに触れる瞬間を、体験することがあります

そしてそれは同時に、
全体から見れば、自分のちっぽけさを確認させられる瞬間でもある筈です。

迷路とも広がりとも、
或いは、閉塞感とも可能性とも呼べるようなものかもしれませんが、

そこに迷い込んだとき、
最後は誰も、自分流に信じるしか、他に道がないように思います。

自分流に信じるとは、
信じたものに自分自身が責任を持てるということです。

自分で責任を持てる選択だけが、本当の自由であり
本当に知るということは、自分を信じることでもあるということ

そして、
土台や論拠がしっかりとしていなければ、
しっかりと信じること、責任を持つことも、
自由に発想することも、できません


本当の自由、自分を信じること、
信じたものに自分自身が責任を持てること


その土台となるのはやはり、
守破離という知の捉え方であると思います。

僕は今、訪問リハビリという仕事に携わっています。

毎週、同じ利用者さんのところに通い、
自分が最善と思えるようなものを提供し


それを幾度となく繰り返すうちに、
利用者さんのちょっとした変化にも、気付けるようになる

気付けば、自分のやり方をちょっと変えてみて、
合わなければ戻り、また少し変化させてみる


そういった反復行動と、試行錯誤を何度も繰り返すうちに、
元あったお手本としての型から、少しずつ離れることができて、
少しでもその人に合ったものを、提供できるようになっていきます。

つまり、
抽象的な論拠具体性によって確かめ
確かめるうちに、それは互いに少しずつ修正され
元あった型から、少しずつ離れることができ


やがてそれが、
自分流という形にも、変わっていく
のだと思います。


僕の仕事自体は、訪問リハ全体、或いは地域リハ全体から見れば、
ひとつの点にしか過ぎない
のでしょうが、

しかし、
何かを本当に知る、或いは知ろうとするとき

その行動は、
必ず、何らかの具体的な形となって現れようとするものだ、
ということは、確かなことです。

全体が、ひとつの具体的な自分の行動の中に凝縮され、
個別的でありながら全体的でもある


そういう、
一見すると矛盾するような形を通して、
初めて人は、抽象的な議論から抜け出して、
世界を見渡すことができる
のではないか

と思うのです。

そのために、
守破離という知の在り方が、
個別性から普遍性を探るための、重要なヒントを与えてくれる
僕には、そういうひとつの確信のようなものがあるのです。

b0197735_16482041.jpg

[PR]
by hiro-ito55 | 2013-04-01 17:18 | 作業療法 | Comments(0)

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー
プロフィールを見る
画像一覧