考える生き方のヒント       ~今、伝えたいこと~

hiroyan55.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧


世捨て人とは世を捨てた人間ではない。世に捨てられた人間だ。』
とは、小林秀雄言葉ですが、

世捨て人とは、尊敬同情共感捨て
他人と何かを共有すること煩わしいものとした、
そんな人を指すのではないでしょうか。

そしてそれは、
その人が、人との繋がりを見放したからではなく

人と人との共有や共感の場の方から、
当の本人が遠ざけられていく
のだと思います。


例えば、農作業が好きな利用者さんがいる。

彼女は畑を見れば
耕したり肥料蒔いたり雨が降るのを今か今かと待ちわびたり
大根ほうれん草植えたりしたくなる。

そして、一旦農作業に取り掛かると、
暑さも寒さも時間さえも忘れて自分の作業に没頭してしまう

この、農作業が好きな方の姿を見て、
周りの人手伝ってみたいと思ったり、共感したりすることができる。

そういう風に心が動かされるということは、
周囲の人の心の中にも、作業するその姿が現れるということ。

もし、その利用者さんの行動が、
全く僕らの外部化されたところで起こっている出来事であれば、
他人その姿共感したり、心を動かされたり、
介入しようとしたりすることなど、そもそもないはずです。

これは、
作業をする人の主観とか、周りからの分析的な評価といった、
人が勝手に作り出した恣意的な距離からは、
測ることのできない出来事の内に、
僕らが巻き込まれているということで、

言うなれば、
作業や場の方から、共有されることを強烈に求めてくるような、
そういう如何ともしがたい特性を持った経験を、
僕らがしているということです。

この、誰かの行動共感したり、心を動かされたり、
介入したいと思えたりするような経験は、
実は、作業療法の最も基本的な動機なのかもしれません。

作業する姿を、お互いの前で明らかにするような、
そういう共有する姿を感じ合う場と時間の中に、
作業療法の、最も基本的な姿があるに違いないのです。

そして、
作業療法が、まず何よりも
人との共感や共有というものを土台としていることを考えれば、
何を作業するのかではなく、どのように作業するのかということが、
僕らにとっては大事なことになりますが、

それは、
テクニック云々のレベルの話ではないと思います。

このことは実は、
作業療法の普遍性探る上でも、
重要なヒントになるのかもしれません


例えば、
モネスザンヌ児玉希望横山大観は、
100年以上も人々に愛されています

人それぞれ、その絵に対する思い入れや愛着違うし、
絵と向き合って語り出すときの言葉も、人それぞれで違います

けれども、
絵と向き合ったときの感動を共有することはできます

そして、
彼らの絵が、彼らの絵の個別性に関わらず
人々の共感をずっと得られているということは、

絵に触れる人達によって齎される、
途絶えることのない共有共感という、
一人一人の経験積み重ねが、

100年に渡る、人々の美への共鳴という、
普遍性作り上げていることになります

いわば、
普遍性とはけして観念的空想的なものではなく

むしろ、
何かに共感したり共有したりするという、
僕らが当たり前に経験する具体的な何かとの繋がりを、
土台としているのです。

に限らず、日常経験する繋がりを、
当たり前のこと切り捨ててしまわずに、

それに素直に向き合い続けることに、
物事の普遍性を探る道のヒントは、あるのかもしれません


一方で、
今でも、科学的でなければ作業療法ではないと平気で仰る方がいるが、
僕からしてみれば、こんな無神経で浅薄な言葉はないのです。

人は、合理的に毎日を生きているわけではないこと
自分にも他人にも、簡単には解釈できない相を持っていることは、
誰もが知っている常識です

認知症のある利用者さんでも、
家族の前で見せる言動と、
デイに来られた時に見せる振る舞い違うことはよくあるし、

そういう細かな矛盾を抱えつつも
全体としては一つの総体を成しているのが人というものです。

割り切れない考えても解らないこと感じるしかない
それが共有共感という、人に与えられた能力で、

僕らはそのことについて、
よくよく自省しなければいけない立場にあります。

作業行動を、
心身平行の因果論語り切ることが可能だと考えるのは、
実証主義の、単なる自惚れにすぎないのです

現に、科学的手法を用いて、
人の作業行動外部化して人を知ることが、
本当に客観的な方法であるのかという検証もないまま

作業療法にも、科学的手法が用いられているという事実は、
科学人の主観で用いられていること何よりの証拠です

もし、
人に対して本当に客観的ということが言いたいのであれば、

そういう方法捨てて
共感することや共有するという経験を通して、
そこからできるだけ多くのものを汲み取る

そういう複雑で煩わしい
博覧強記のような世界身を委ねるしか、他に方法はないと思います。


作業療法世捨て人のようなものとなるか、
人と人との間に、
普遍的に残る可能性を持ったものとして引き継がれていくか、

それは、
共有されることを求めてくる作業と、
僕らがどのように向き合おうとするのか

そういう問い投げかけられることと、
同じであろうと思います

b0197735_20173335.jpg


[PR]
by hiro-ito55 | 2012-10-30 21:12 | 作業療法 | Comments(3)

Hello、十字架とコイン


久しぶりに聴いた。↓↓



Gold十字架とコインサルの歌平成永遠のパズル、 etc…

生まれて初めての独り暮らしを始めた大学生時代
綺麗ごとだけじゃ片付かない人の持つ生々しい感情を歌う、
そんな橘いずみの歌が、僕は何故か好きだった

バイト勉強疲れて帰ってきたときよく聴いていたものです。

彼女の歌はよく『暗い』とか言われるけど、
実は聴いた後に、自然とあったかい気持ちになれる
そんな歌なんだと、今でも思う。

因みに、彼女の歌の中で一番聴いていたのが、
この十字架とコイン』。↓↓



どんなに不幸な人生でも、一所懸命に生きるという、
その人の中に息づく生というものがある。

それが、実は何物にも代えがたいものであるということ

そしてそれに気付くことが、
自分に与えられた、細やかな幸せを感じるための羅針盤となる。

自分の人生を生きるとは、
理想でも空想でもない、自分が確かに歩んできた道を、
今に甦らせ、それを未来に繋げていくことだ。

それを、
夕焼け赤く染まった空を見上げる、
客観的には不幸と思えるような兄妹を、
胸の中で思い浮かべながら聴いていた

代えがたく
二度と繰り返すことのできない現実生きることが、
自分の人生を生き抜くことであり、

未来とは、
その掛け替えのない生の別名であると、今でも思います。







[PR]
by hiro-ito55 | 2012-10-22 20:56 | 音楽 | Comments(0)

批評の仕方


以前、
「揚げ足取りや粗探しではない批判」というのは、
 どのようなものなのでしょうか
。』
という質問を受けたことがあります。


確かに、僕らが他人書物批評するときというのは、
ついつい、人柄や論点の至らない所に目が向きがちですが、

こういう姿勢からは、
本当の批評は生まれないと僕は思っています。

批評をする際に最も大事なのは、
対象となる人物や事柄に対して、本当に興味を持てているかどうか
という、自分自身の姿勢だと思います。


自分批評をする対象に対して、
どうにかして自分の意見を加えて、ねじ込んでやろうとすれば、
批評自然と批判的なものになってしまいます。

そうではなく、
相手に対する親近感というか、
親しみを持ってまず作品論文を読んだり、と接したりして、

相手の言わんとするところを、
相手の身になって汲み取る気持ちで接することが、
何よりも大事だと思っています。

最初から自分を立てて、人や作品や論文に接すると、
結局、最後まで自分の価値観でしか読み取れなくなってしまい

結果として、多角的な視点というものは生まれません


大事なのは、興味を持つということが
自分自身を納得させていくことと同義だということです

相手に対して興味を持ち続けることは、たいへん難しいことですが、
自分が納得したものであれば、人は雄弁になることができます

興味を持って相手に接するうちに生まれた言葉が、
本当に自分が言いたい言葉なのであり、
借り物ではない、自分自身の言葉生み出すことができます

そして、その言葉でもって語ることが、
自分が納得した批評の形というものに、自然となっていくのだと思います。

批評というものには何よりも、
そういう、自分の言葉を熟成させる期間というものが必要で、
それが、自分の言葉で考え始めるということに、繋がっていきます


自分自身で考える』と一言で言っても、様々な受け取り方がありますが、
例えば小林秀雄は、著書『本居宣長』の中で、
考える』ということについて、こう述べています。

「かんがふ」(注:「考える」に同じ)とは、あれとこれとが「相むかふ」、
 その関係について思いめぐらす事



元々、『考える』という行為は、その語源からして、
『か』+『むかう』、

つまり、
彼(か)のもの』を『迎える』ということで、
向う側にあるものを、自分が迎え入れるという行為そのものを、
指していたのかもしれません。

そうであるならば、考える際には、
自分自身の、相手を迎え入れる姿勢というものが、最も問われるわけで、

そういう姿勢で向き合える者が、
自分自身の言葉で考えることができる人なのであり、

それは、
相手の言わんとするところを、
相手の身になって汲み取る気持ちで接する
という行為現れてきます

僕は、その作業を経て初めて
単なる『揚げ足取りや粗探しではない批判』というものが、
可能になるのだと思います。

b0197735_0243211.jpg


[PR]
by hiro-ito55 | 2012-10-19 00:49 | 哲学・考え方 | Comments(0)

まっちゃんとの座談会


介護保険には、
介護度に応じた区分支給限度額月単位)というものがあります。

受けるサービスがどのように組み合わされているかは、
利用者毎に異なりますが、

どの利用者も、限度額を毎月ピッタリには使い切れず
きっとみんな、毎月足りないと感じているか、
余ってしまっているのではないでしょうか。

これを何とかできたら面白いなと、
以前、同じ職場の松田さんというPTさんと話したことがあります。

そしてそれには、
ケータイ会社のパケット通信サービス参考に出来るのでは、
松田さんが言い出したことで、たいへん話が盛り上がりました。


例えば、ケータイのパケット料金には、
使わなかった無料通話分を、自身の翌月分に持ち越したり
家族間でシェアしたりすることができるサービスがあります。

分け合えるとか、『繰り越しなどと呼ばれているサービスです

このサービスを、
もし、介護保険の区分支給限度額当て嵌めることができるとしたら...。


例えば、
区分支給限度額が、35830単位要介護5の方で、
毎月30000単位を使用すると、5830単位は余ります

今の制度では、この余った5830単位
そのまま使わずに立ち消えとなってしまいますが、

彼と話したのは、
自身に与えられた区分支給額を、
利用者自身が、数か月間保有する権利として位置付け

それをどのように使用するかは、
利用者自身の判断に委ねるという発想で、

これによって、利用者自身主体性を持って、
中・長期的に、介護保険選択的に利用できるというもの。

それは、
余った単位を毎月、保険者である各市町村プールして、
翌月の限度額に上乗せする、或いは、他者に分けてあげるというで、
具現化することができます


例えば今月リハビリの回数が8回だったけど、
翌月12回分利用することができるとすれば、
来月デイに通う回数や時間を増やして
リハビリ強化月間として少し頑張ってみようと、

そういう、
自分のための、緩急を付けた利用の仕方が可能になります。

また、
自分片麻痺であれば、
同じように片麻痺で苦しんでいる方に、
自分の使わない単位を、分けてあげることができる場合を考えてみると、

毎月のサービス利用の組み合わせで、
自分には使い切ることができない単位発生すれば、

その使用権利を、他者に分けてあげることで、
自分が誰かの役に立っているという満足感を得ることができるし、
無理なく他者の役に立つことができます

使わない限度額分は、
自分ではなく、他者に分けてあげることで、

共に支え合うという、
ちょっとした共存意識を、作り上げることができます


つまり、
余った限度額自分のために使うか
或いは他人のために使うか

それを、
利用者自身が決めることができれば

介護保険サービスは、
今よりももっとバラエティーに富んだ利用の仕方可能になり、

介護保険を使用するに当たっての、
利用者自身の主体性や、共存の意識も芽生えてきます


こういった利用の仕方可能になれば、
個人的には面白いと思うのですが、

松田さんの話によれば、
厚労省が制定した現在の介護保険制度では、
限度額算定基準となる標準モデルからいって、
保険サービスの質や選択が、
利用者のニーズに基づいているようには設計されておらず

また、
多くの利用者が、支給限度額ギリギリまで使うようになったら
社会保障としての介護保険の財源が、破綻する恐れもあります。

ですから、
保険単位繰り越せる、或いは分け合えるという発想は、
彼らの側からは、恐らく出てこない

仮にそういう発想生まれたとしても
新たにサービス利用率統計取り直し

まずは、支給する区分限度額を低く抑えるように、
標準モデルそのものを、変更するのではないでしょうか。


その他にも、
介護保険サービス選択に関して、
所得再分配機能被保険者側保険者側事業者側の、

それぞれの視点から論じた場合に、
どのような問題点浮き彫りになるのか

そのへんのお話を、
先月、松田さんとお会いして、また色々と聞かせて頂けました
(4時間ぐらいしゃべったかな...。)

彼は、
利用実績から、介護保険サービス研究をされており、
彼の論文も、たいへん興味深く読ませて頂いています


個人的に思うのは、
サービス選択に対して、
利用者自身の主体的な判断に委ねられるというのは良い制度であり、
介護保険制度というのは、元来それを具現化するべきものだと思います

松田さんの言うように、
保険あってのサービスなし
という状況が発生してしまうのを回避するために、
支給限度基準額設定が、
事業所運営が成り立つことを、第一に配慮して
決められた可能性が高いのであれば、

利用者自身の保険単位繰り越せる、或いは分け合える
という発想出てくる筈もないし、
制度化してバックアップされることもないでしょう。

しかし、
今の介護保険サービスは、
本当に利用者が使いたいと思っているサービスで、
そして彼らが、主体的それを選択して利用しているのかどうか


これを考えることは、
利用者の笑顔が増えるという、
専門家からバカにされがちな効果も含めて、
自分たち提供するサービス
ひいてはエビデンスそのもの見直すことにも繋がるし、

それは、
現場で働く僕らにとっても、研究者にとっても共通の、
根本的な課題であると思います。

b0197735_15145156.jpg


[PR]
by hiro-ito55 | 2012-10-13 16:00 | 医療・福祉・対人支援 | Comments(0)

春月


休日を利用して、岡崎市美術博物館へ行ってきました。
b0197735_16111484.jpg


目当てはこれ
b0197735_1611491.jpg


横山大観橋本雅邦下村観山など、
近代~現代にかけての日本画の巨匠たちの絵が立ち並ぶ中で、
僕の目を惹いたのは、大観の不二霊峰でも雅邦の白鶏でもなく、

児玉希望の『春月』。

実はこの絵の前で、30分も立ち尽くしてしまった


縦126㎝横145㎝カンヴァスの中で、
月明かりを頼りに浮かび上がる桜の木

月明かりしっかりと反射するところは、
花弁の濃淡や細かいところまで、私たちにもはっきりと見えるように
そして光の届かないところは、
周りの景色に溶け込むように描かれています。

月の柔らかい光を、唯一の頼りにして描かれたこの絵は、
初めは全体としてぼんやり浮かび上がってくるような、
そんな印象を与えるかもしれないが、

少し遠ざかって見ると、光の受け具合によって、
桜の木全体が、くっきりと立体的に見えてくることに驚く

画家の眼というものは、
僕ら一般人よりも、遥かに多くのものを見分けているのだと思うし、
よほどの愛着がなければ、
恐らくここまでしっかりと見分けることも出来ない

画題桜ではなく、春月としているところ面白い

春の月の光ぼんやりとしているが、
その光によって浮かび上がる桜の木は、逆にその立体感を増す

画家は、その光の力に驚いたのではないかと、
僕は勝手に想像する

そして見れば見るほど
何とも言えない、落ち着いた気分になっていくこと気付く

気付きながら、
小林秀雄が『美を求める心』の中で、
画家が花を見るのは好奇心からではない。花への愛情です
と言っていたことを、ふと思い出す


....そうして出来上がった花の絵は、
やはり画家が花を見たような見方で見なければ何にもならない。

絵は、画家が、黙って見た美しい花の感じを現しているのです。
花の名前なぞを現しているのではありません

何か妙なものは、何んだろうと思って、諸君は、注意して見ます。
その妙なものの名前が知りたくて見るのです。
何んだ、菫の花だったのかとわかれば、もう見ません。

これは好奇心であって、画家が見るという見る事ではありません

画家が花を見るのは好奇心からではない。花への愛情です。
愛情ですから平凡な菫の花だと解りきっている花を見て、
見飽きないのです。

好奇心から、
ピカソの展覧会なぞへ出かけて行っても何んにもなりません

美しい自然を眺め、或は、美しい絵を眺めて感動した時、
その感動はとても言葉で言い現せないと思った経験は、
誰にでもあるでしょう。

この何んとも言えないものこそ、
絵かきが諸君の眼を通じて直接に諸君の心に伝えたいと願っているのだ。

美しいものは、諸君を黙らせます
には、人を沈黙させる力があるのです。
これが美の持つ根本の力であり、根本の性質です。

絵や音楽が本当に解るという事は、
こういう沈黙の力に堪える経験よく味わう事に他なりません。

ですから、絵や音楽について沢山の知識を持ち、
様々な意見を吐ける人が、必ずしも絵や音楽が解った人とは限りません

解るという言葉にも、色々な意味がある。
人間は、種々な解り方をするものだからです。

絵や音楽が解るというのは、絵や音楽を感ずる事です。愛する事です。

知識の浅い、少ししか言葉を持たぬ子供でも、
何んでも直ぐ頭で解りたがる大人より、
美しいものに関する経験は、よほど深いかも知れません。

               ― 小林秀雄『美を求める心』―




僕のような素人が、30分その絵を見ただけでは、
小林の言うような、画家と同じ目線で見たことにはならないだろうけど、
絵の前で知らず知らずのうちに沈黙して、
心が落ち着いていくことに、気付くことはできる

そんなことを思いながら、
出口の売店で『春月』の絵葉書が売られているのを見つけ、
せっかくなので、記念に購入してみる。
     ↓↓
b0197735_1639516.jpg


[PR]
by hiro-ito55 | 2012-10-07 16:39 | 美意識 | Comments(0)

高齢者向け住まい


10月1日厚労省老健局から
高齢者向け住まいについてのガイドブック』が出されました。
      ↓↓
-高齢者向け住まいを選ぶ前に-消費者向けガイドブック

これを見ると今後、高齢者向け住まいを、
①介護付有料老人ホーム
②住宅型有料老人ホーム
③サービス付き高齢者向け住宅 
三種類落ち着かせようという意図が読み取れます。

以前の記事(増え続ける有料老人ホーム)でも触れましたが、
有料老人ホームは、その経営主体のほとんどが民間企業

高齢者介護に対する市場の適正化を含めて、
貧困ビジネス化これ以上加速しないことを願います。
b0197735_11485987.jpg


[PR]
by hiro-ito55 | 2012-10-06 11:51 | 医療・福祉・対人支援 | Comments(0)

デイでも収穫の秋


収穫の秋

うちのデイの畑でも、ジャガイモサツマイモ収穫できました
b0197735_18595254.jpg

b0197735_18595579.jpg


一所懸命に頑張ってくれたのは、この利用者さん
     ↓↓    
b0197735_190463.jpg


Y先生からの受け売りだけど、
恐らく、この世に抽象的な意味での『作業とは』というものはないし、

そういう問いを投げ掛けること自体
作業やそれに打ち込む人の姿というものを、見ていない証拠だと思う。

抽象的に問うことは、それは単なる理屈になるだけ

目の前の利用者であれば、その人なりの作業があるし、
個別性で十分な、その人なりの絶対的な作業がある

作業内容は、利用者或いはセラピストで、人それぞれ違えども
僕らは、作業することを共に分かち合うことはできる

その何かに打ち込む姿に、他者が共感できるということが、
その作業の主観という排他性を否定している何よりの証拠なら、

その姿誰かが共感するとき、
その作業の普遍性は開かれていると言える

普遍的なものとは、
抽象的できごととして外部化されたものではなく、
そういうところから生まれてくるのではないだろうか。







[PR]
by hiro-ito55 | 2012-10-02 19:08 | 作業療法 | Comments(0)

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー