考える生き方のヒント       ~今、伝えたいこと~

hiroyan55.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『作業療法私的概論その2』 を書き進めようと考えていたら、
コミュニティーのことについて、ついつい気になり出してしまったので、
今回はそれについて書いてみます。



コミュニティーというものを考える際、
ネット上の様々な 『仮想コミュニティー』 が存在する事実は、
もはや無視できないものでしょう。

しかし、僕はこの 『仮想コミュニティー』 というものを、
ツールを用いたバーチャルな世界として、ある程度までは評価しますが、
コミュニティーとして過度には評価していません。


その理由は二つあります。


ひとつめの理由は、
このネット上の仮想コミュニティーにおいては、
繋がりの発信主体は、ほとんど全て 『自分』 にあると言えるからです。

例えば、ある仮想コミュニティーに参加して、
自分が気に入れば(居心地がよければ)饒舌にもなりますが、

もし、気に入らなくなれば、
いつでもカットオフが可能なのが、この繋がりの特徴です。

つまり、そのコミュニティーに存在するか、
そこから消滅するかといった生存の判断は、

ほとんど全て自分の側にその決定権があると言えます。

それは、本質的には、自分と他者との繋がりにおいて、
自分が相手よりも、最終的な決定権において優位に立っている、
という優越感に基礎づけられていなければ、
持続していくことが不可能な繋がりであると言ってもよいものです。

しかも、この優越感は、
自分が不利になれば、いつでも退散が可能という
逃げ道が保障してくれる、やや確信犯的な感情に支えられているとすれば、

その繋がりは、実はとても脆いものなのかもしれません。

この優越感の獲得にさえ失敗した者は、
例えば、他の仮想コミュニティーの間を彷徨う、
云わば 『難民』 のような存在になってしまうのでしょうか。

人間の主体性というものは、
他者との関係性の中で、そのネットワークの中において、
他者からみられる自分という姿が、時間をかけて熟成されていく、
そういうものなのであり、

それは他者から見られる自分というものの、
同一性を獲得していく作業であるのです。

この、 『主体性の非内在性』 を、
ジャック・ラカンは生後6ヶ月の赤ん坊が、
鏡の前で示す行動を分析することで、証明しました。

それを、 『鏡像段階』 と言います。

主体性が自分の側にあると錯覚している場合、
それが、ラカンの言うように、
人間の社会的生物の本質から解離している姿であるならば、

そのような繋がりは、
果たして安定して持続していけるようなものなのか、
少なからず疑問が残るところです。



ふたつめの理由は、 
『仮想コミュニティー』 では、
同じような考えや趣向の人で満たされてしまう特徴があることです。

極端なことを言ってしまえば、
それは 『原理主義』 に発展する可能性を持っています。

コミュニティーの性格的な本質は、 
『自分とは異質なものと共存できる』 ことにあり、

これが可能なコミュニティーが、もっとも安定している集団です。

何故ならば、人間が社会的生物であれば、
異質なものと共存するうちに、自己防衛機能は磨かれ、
社会の中でのバランス感覚は培われるのであり、

云わば、人間の社会性を確保するものは、
そのバランスの中で、自分と他者との 
『境界線と距離感が、時間をかけて成熟する』、
そういうものだからです。

コミュニティーが人間同士の社会性を表した集団であるならば、
コミュニティーとは、
そのような 『忍耐』 を、時に僕らに要求するものです。

結果からみれば、持続・安定しているコミュニティーは、そ
の内部では質的に単一的なものが寄せ集まっているのではなく、
お互いに上手く調和が図れているものである筈でしょう。


質的なものがより均質である集団は、
その集団を形成・維持していくために、
同じ目的やイデオロギーを必要としますが、

質的に均質であればあるほど、
その目的やイデオロギーは、
より強固なものに成らざるを得なくなります。

もしこのような集団が、動物の群れと違うとすれば、
その一点にあると言えるでしょうが、

それは調和というよりはむしろ、
自己のアイデンティティーの集団への投影や依存によって
成り立っているものでしょう。

先程、 
『仮想コミュニティー』 が原理主義に発展する可能性を持っている
と申し上げたのは、そのような意味においてです。



今年に入って、
チュニジアに始まった 『ネット革命』 と呼ばれる運動が、
アフリカや中東の国々において連鎖的に呼応しています。

その運動の原動力となったのも、 
『フェイスブック』 と呼ばれる
ネット上の仮想コミュニティーであると言われています。

今のところ、この仮想コミュニティーは、
原理主義的な性格のものではなかったようですが、

それでも、 『独裁政権打倒』 という目的のもとに、
仮想コミュニティーがこれだけ大きな力を発揮したということは、
注目すべきことでしょう。

何故なら、ネット上の仮想コミュニティーが、
このようは力を持っているという事実は、
共同体(コミュニティー)の性格とはあまりにもかけ離れている、
という事実を示しているように思えるからです。

共同体には、政権を打倒するような暴力的な力などありはせず、
ならばネット上の仮想コミュニティーは、
飽く迄 『仮想』 なのであり、

その姿は、コミュニティーとは違う 『何か別のもの』 である、
と考えた方が良さそうです。

その 『何か別なもの』 が、
どのような定義に当て嵌まる性質のものであるかは分かりませんが、

ひとつ言えることは、このような集団の特徴は、
生身の人間が、五感を働かせて直に接触する、
生活臭のするような生きた繋がりではなく、

人間の脳が作り出した、
極めて聴覚と視覚に依存したデフォルメであるということです。

そして、その姿を覗き込めば、
テクノロジーというツールによって、人間が集団で使役される、
一種の 『Gestellenの連鎖』 を、
そこに見るような気がします。



(次回は、 『作業療法私的概論その2』 を書くつもりです。)





[PR]
by hiro-ito55 | 2011-02-23 19:55 | 社会 | Comments(0)

雑談

今回は、息抜きがてらちょっとした短い小話を。
先日、施設のケアマネさんから聞いた話です。

役所の方から、施設のケアマネに、
『障害者の 「害」 は 
「害虫」 の 「害」 を連想させるような差別用語であるから、
今後、書類には 「障害者」 と書くことをやめ、
平仮名で 「障がい者」 と表記するように。』
という通達があったそうです。

思わず笑ってしまいました。
実に馬鹿馬鹿しい話です。

こんなことを、
その役所の人間は本気に考えているのかと思うと、
その人の頭の中は一体どんな構造になっているのか、
ぜひ覗いてみたい。

そう思いました。

『障害者』 の 『害』 が差別用語であると言うならば、
例えば 『豆腐屋』 はどうなるのか。

『豆腐』 の 『腐』 は 『腐る』 という字であるから、
その 『腐った豆』 を売っている当の 『豆腐屋』 は差別を受けており、 
『豆ふ屋』 と表記するべきである、
とでも言うのでしょうか。

そんなことは豆腐屋さんにしてみれば、大きなお世話でしょう。

そういえば最近、
市町村名や駅名を平仮名表記に変えたものが、
気付けばやたらと目に付きます。

僕の住んでいる愛知県の 『三好市』 が 
『みよし市』 になったのも、その一例です。

どのような経緯でそのような表記になったのかは知りませんが、
どうも 『障がい者』 といい、 『みよし市』 といい、
やたらと平仮名で表記されるのを見ると、
何か市民というものがバカにされているような気になって、
僕などは漠然とではありますが、不愉快な気分になってしまうのです。

差別差別と言ってはいるが、
差別しているのは、実はそのように 
『分かり易く表記するべきだ』 
と考えている当の本人ではないのか、

そのような疑心が僕の頭の中に過ぎるからです。

ですから、僕の偏屈な性格からすると、
もし 『障害者』 が差別的な表現であるなら、
いっそのこと昔のように 『障碍者』 と表記しましょうか、

そんな屁理屈を捏ねてみたくなるのです。




[PR]
by hiro-ito55 | 2011-02-19 21:59 | 社会 | Comments(0)
作業療法士になって、現場で働くようになってもうすぐ8年となります。

その10年にも満たない拙い経験を基に、
自分が思うところの、 『作業療法の姿』 というものを、
ここに記しておきたいと思います。


これから、僕がここで記そうとしていることは、
飽く迄、僕の私的な考察であり、

それが僕の今までの、
決して充分とは言えない経験に基づくものである以上、
ある意味、個人的な身の上話に類するものです。

ただ、その個人的な身の上話に忠実に基づけば、
あらゆる学問というものは、
人間の生活にその根を下ろしたものであると考えるのみで、

今の自分が、

『経験を軽蔑し、
あたかもジュピテルの頭からミネルヴァが現れるように、
自分の頭脳から真理が生れると考えている』
 
わけではないことだけは、確かなことだと言えそうです。


また、拙い思考ではあるのですが、
今の自分の考えを纏めておく作業を、ここでしておくということは、
何年後かに振り返ってみたときに、
自分の足跡を確認するよい材料ともなります。

そういう個人的な企ても働いているので、
これから述べることはある意味、独白に近いものです。

もともと、自分の思考を纏めるために始めたブログですから、
この完璧さを欠いた独白も、
自分の経験とともに、熟成されていくことを前提とする

そういう覚悟を示す独白と高を括って、
ただ筆(キーボード?)を進めるのみです。

そして独白を進めるうちに、
他の多くの作業療法士の先生方とは、
ひょっとしたら考えを大きく異にする考えも、散見されるかもしれません。

しかし、例えそのようになったとしても、
それは僕が 『意図的に』 そのように仕向けたことではないことだけは、
はっきりと断っておかねばなりません。

僕が希むのは、ただ自分の思考に忠実に、
それをできるだけ上手く伝えられるように、
慎重に言語化していきたいと思うことです。






作業療法のみならず、医療や福祉の世界全般において、
臨床現場における効果を示す指標として、
科学的、或いは客観的実証を提示し、
これに基づくことが、論の正当性を確保するためには大事である、
ということがしばしば言われます。

一般に、現代における僕らの生活を考えたときも、
この 『科学的、客観的実証』 が、僕らの行動に与える影響は、
殊のほか大きいのではないでしょうか。

例えば、煙草の人体に及ぼす害を説明し、禁煙へと導くのには、
この科学的実証に基づく説明は、真に効果的です。

しかし、これが人間同士の結びつきや、作業などのように、
人間の諸活動により生み出される力動的効果、
或いはその関係性を説明するとなると、
少し話は別であるように思われます。


以前のブログでも書いたことがありますが、
人間には 『心』 という、
科学的な分析のみでは、到底扱い切ることができないものが存在します。

その謎めいた 『心の姿』 が、
今日の心理学の発展を支えているとも、一応言えなくはないが、

そもそも心というものが、
一体人間の体の中のどの部分に存在するのかについて、
或いは心の範囲や存在証明について語るとき、
心理学をもってしても、確固たる確証はないように思われます。

現代の心理学といえば、人間の内的な混沌とした世界に対して、
主に外的な出力を頼りに推し量ろうとします。

そのような姿を、まず想像します。

心理学は、出力された符号をある共通点で結びつけ、
それをいくつものカテゴリーに分類し、再編することで、
僕たちの前に、心や精神を可視化しようとする。

そしてそれらは、
科学という一本の糸で、幾つも幾つも繋ぎ合わせられ、

やがて立体的で複雑な、
ひとつの蜘蛛の巣のように秩序づけられていくようでもあり、

この編纂を繰り返し、徹底することで、
ひとつの学問へと体系化させてきた姿を、そこに想像します。

そのような姿は、
恰も心というものの整理を、着々と成し遂げているように見えます。


なるほど、確かに人間の脳というものは、人間の中枢には違いないのです。

ならば、脳から繰り出される何らかの出力や変化を計測すれば、
或いは心や精神の所在を証明することに繋がっていくかもしれない。


例えば、脳科学的に見れば、大脳辺縁系の海馬というものは、
脳の記憶や空間学習能力に携わる器官であり、

心理的なストレスが長期間続くと、
この海馬の神経細胞が破壊され、委縮するということは分かっています。

しかし、これは症状を説明しただけのことで、
海馬と記憶や精神の所在というものを、
同定したことにはならない。

なぜなら海馬は、
『記憶や空間学習のためのバイパスにすぎない』
という仮定も、排除できないからです。

出力や変化を計測して可視化することは、
この仮定を排除する決定打ではなく、

いや、決定打ではないどころか、そのことはむしろ、
心や精神の所在や姿の深淵さを、ますます深めているように、
のみならず恰も、その深淵さを保障するためのみに使役され、
そのように仕向けられてしまっている姿として、
僕の目には映じるのです。


この、未だ所在地を確かにしない心や精神の存在が、
人間を人間足らしめている証でもあると、
ここで言ってしまえば、パラドックスでしょうか。


( 『その2』 へつづく.....。)





[PR]
by hiro-ito55 | 2011-02-18 22:09 | 哲学・考え方 | Comments(0)
先月の記事のつづき、 『その3』 です。
今回が最後です。

前回は、
『僕らの仕事というものは、個人的には、
利用者の 「したいこと」 よりも 「できること」 
を提示することを基本とし、
利用者の 
「今のままの自分を認めてもらえる」 という 「自尊心」 
を尊重するようにしたいものです。』
というようなことを述べました。

そして、
『 「大きな目標あっての日常」 という観点も、
実は、ひょっとしたら僕ら若い世代が、その若い時期に、
限定的に持つ価値観であるかもしれないことに留意し、
そのような価値観の押しつけになっていないか、
細心の注意を払うことも無駄ではない。』
と述べました。



あくまで個人的に思うことですが、
歳を取ってからも、
何かに毎日頑張らなければ、成り立たない日常というものは、
僕はごめんです。

そんな、何かに縋りついて一喜一憂するような毎日よりは、
今、自分にできることを他者に贈与してあげられる毎日のほうが、
例え些細なものしか贈れない自分であったとしても、
より充実しているように思えます。

そのためにも、 
『健康で、五体満足であることが何よりも幸せ』 という有り難味を感じ、
いつも健康であることを心がけるだけでなく 
(つまり、一元的価値観にどっぷり浸かるだけでなく)、 

今の内から 
『今の自分でできることを行使する』 という癖をつけておくことは、
身体に不自由を来すようになっても、
自尊心を保ち続けるための 『秘訣』 になるだろうと思います。


もちろん、このような予防的観点は、僕の個人的な価値観ですし、
幾つになっても、何かに取り組み頑張るという姿勢も、
時には必要であると思います。

ですので、これはどっちかの在り方を選べというよりは、 
『比重の問題』 であるとも思えてきます。

しかも、この比重は、
歳を取るとともに、徐々に変化していくもののように思えます。


一般的に 
『目標に向かって頑張る』 という目標志向型は、若い時代に強く現れ、 

『できることをする』 という現実志向型的な在り方は、
人生経験の積み重ねや、歳を取るという変化とともに、
強まっていくように感じます。

『地に足の着いた生き方を選択していく人』 ならば、
この傾向は強いでしょう。


しかし、そもそも歳を取るという実感自体も、とても曖昧なものであるし、
また、歳を取ったと感じることにも、
個人差というものが当然あるので、

この傾向に対する年齢や人生経験を軸にしたデータ的な裏付けはありません。

飽く迄、僕の想像に基づく見解です。

そういった僕の想像に基づけば、
歳を取って、施設で毎日在宅復帰という大きな目標に向かって、
リハビリに精を出さなければ、一日が終わった気になれない
『スーパーじいちゃん』
を、理想の将来像として、
僕は上手く想像することができないのです。

分かるのは、
想像することができないということは、
自分にとってはそれは現実的な将来像 (老人像?) ではないのだろう
ということぐらいです。


しかし、中には上手く想像できる人もいるかもしれませんし、
在宅復帰に向かって頑張ることが、
実際に日々の充実感に繋がっている人も、現に存在しますので、

今できることに重点を置くことが、
全ての利用者にとって充実した毎日であるとは、
一概に断定することはできません。

ですので、 
『大きな目標に向かって頑張る』 人もいれば、 
『できることをさせてもらえることで満たされている』 人もいるし、
そのどちらともつかない人もいる、

という現実の中で、
それを無視して一元論的に 
『在宅復帰に向けて毎日頑張りましょう。』 と、
乱暴に一括りにしてしまってはいけません。


『その1』 から述べてきたことを簡単に言えば、
ありきたりの事ですが、 
『私的な考えをあまり拡大適用しない』 という 『節度を伴った言動』 が、
僕ら現場のスタッフには必要である、
といったところでしょうか。





[PR]
by hiro-ito55 | 2011-02-09 20:07 | 医療・福祉・対人支援 | Comments(0)

氷室さん見てきました!

今回は、テキトーな記事で誠に申し訳ないですが、
 2月4日(金)名古屋国際会議場センチュリーホール、
氷室京介のライヴ行ってきました。

その名も、50×50ROCK`N`ROLL SUICIDE TOUR 2010-2011。

今までに氷室さんのライヴは3回ほど行ったことがありますが、
今回はその中でも一番オーディエンスのノリが良かったです。

開演前から、氷室さんの登場を待つ手拍子が鳴り止まず、
そのテンションの高さは終了まで持続しっぱなしでした。

氷室さん曰く、 
『名古屋はバンド(BOΦWY)のメジャーデビュー前の全く売れない時期に、
俺たちをとても買ってくれた恩人がいる場所で、
名古屋のエルというライヴハウスで何度も歌わせてくれた、
忘れることのできないところ』 
だそうです。

ライヴでそんなエピソードを語られたら、そりゃ盛り上がりますわな。

今回は氷室さんのステップも軽く、
なんか5回ぐらい客席にペットボトルを放り込んでいましたよ。

全部で2.5リットルですね。
 
そして、 『アンコールは3曲ね』 と言って歌った後も、
また 『氷室コール』 で再び会場全体が盛り上がり、

館内の 
『本日の公演は終了いたしました。本日は誠にありがとうございました...』 
の放送が2回も繰り返し流されたけど 
『氷室コール』 は鳴り止まず、

再アンコールで 『エンジェル』 と 『サマーゲーム』 という
懐かしい曲を2曲全力で熱唱してくれました。

下の写真は、今回の会場で購入したツアーパンフレットです。
b0197735_1910333.jpg


いやあ、ホント、テキトーな記事で申し訳ないが、また行きてーなー。




[PR]
by hiro-ito55 | 2011-02-05 19:18 | 音楽 | Comments(0)

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー