考える生き方のヒント       ~今、伝えたいこと~

hiroyan55.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ラーメン( 3 )

天一ふたたび

世の中には時々、
どうしても食べたくなる食べ物というものがありまして、

またまた来ちゃいました、『天一』 に。
遠路はるばる愛知から。
b0197735_20381722.jpg


今回、オーダーしたのはチャーハン定食
もちろん、『こってり』 で。
b0197735_20391933.jpg


関係ないですが、
あのベッキーも応援しているみたいです。
b0197735_20402147.jpg


んで、今回はちょうど
2011天下一品祭り』 なるものが開催中とのことで、
クジを引かせてもらえました。

普段はクジなんて当たらないのに、
今回は 『当たり』 が出たので、何かなとワクワク(笑)。

当たった景品は、直径11cmの 『小どんぶり』 なるもの。
b0197735_20413182.jpg


開けてみた。
b0197735_20422834.jpg

なかなか かわいらしい。


載せるものがなかったので、試しにミニトマトを。
b0197735_2043194.jpg

ん~.....、 微妙だな。(;一_一)





[PR]
by hiro-ito55 | 2011-10-22 20:46 | ラーメン | Comments(0)

ラーメンとつけ麺

僕の職場も、男性職員が少ないためか、
介護職員を中心に、男同士は割に仲が良い方です。

職場ではどちらかというと、
女性職員に気を使うことが多いようですが、

『たまには男子だけで飯でもどうですか。』
と、彼らから見れば新参者である僕にも、
お呼びがかかることがあります。


今までも、
男性介護職員の一人が 
俺、もう辞めるわ』 と言い出せば、
ワサワサと中華料理屋に集まって、

『今辞めても後で後悔するぞ。おぅ?』 (過去の自分がそうでした。(T_T))
と、気合を入れ直して差しあげたり、

職場恋愛で破局を迎えたヤツがいれば、(過去の自分がそうでした。(T_T))
みんなでお好み焼きを突きながら

『バカかお前は。あんな奴に引っ掛かりやがって。』
と、代わりに怒って差しあげたり。

ま、そんな感じで僕は随分と態度がデカいのですが、

そんな事を繰り返しながら、
今では一、二か月に一度ぐらいのペースで、
男同士で飯を食べに行きます。


で、今回は夏バテ解消にラーメンのハシゴ

『ハシゴはちょっと無理だね。』 と断ったのですが、
何故か一緒に行く羽目に。


一件目は、 『かつみ屋』 さん。
b0197735_21215085.jpg

とんこつラーメンのお店で、
クサミのないすっきりとしたスープと、細麺が程良くマッチした
とっても美味しい一杯でした。
b0197735_2123585.jpg



で、二件目はラーメンではなくて 『つけ麺』 。

一件目で、僕がスープまで全部飲み干してしまい、
お腹がいっぱいになりかけていたので、
『じゃ、つけ麺で。』

ということで、やってきたのが 『晴天』 さん。
b0197735_21253531.jpg


見るからに美味そう
b0197735_21263837.jpg

期待通りあまりに美味かったので、ついつい完食
b0197735_21273429.jpg

でも麺類を二杯も食べてしまうと
さすがにお腹はパンパンで、

『もういいよね。』
と、僕が言うと、
『何がですか?』 
と、三件目に行く気満々なヤツが約二名。

『若い』 っていいですね...。(-。-)y-゜゜゜




[PR]
by hiro-ito55 | 2011-08-26 21:34 | ラーメン | Comments(0)

天下一品☆

 実は僕もご多分に漏れず 『ラーメン好き』 です。
 一番好きなラーメンは何か、と問われれば迷わず 『天一』 と答えます。

 んで、行ってきました、天一。

 時間があったので、滋賀県の豊郷まで。


b0197735_23542669.jpg

 
 僕は大学が滋賀県でしたので、大学時代はよくこの豊郷店に足を運びました。
 およそ11年振りの豊郷店です。

 以前、僕が通っていた頃はもっと小汚い、いや失礼、大人しいこじんまりとした雰囲気でしたが、いつの間にリニューアルされたのか、外観も店内も随分とこ洒落た雰囲気になっていました。
b0197735_2359457.jpg


 それに、当時は店員さんはみんな関西弁でしたが、今回行ってみると、 
『いらっしゃいませ。こちらへどうぞ。』 と、癖のない標準語で応対されました。
 チェーン店だから仕方ないかもしれませんが、当時の雰囲気を味わいたかった僕としては、なんだか寂しい気も...。


 初めて天一に行ったのは、同じ学部の友人に 『天一、行こか。』 と誘われてのこと。
 関西出身のそいつに 『美味いでぇ』 と言われてこの豊郷店に行き、最初に食べた感想が、 『なんじゃ、こりゃ。』 でした。

 正直、美味いとはとても思えず、なんか、上手く言えなかったけど、ゲル状のスープが名古屋人の僕にはショックでした。
 多分、半分ぐらいしか食べなかったと思います。

 でも、1週間ぐらいして、何故か 『なんか、もういっぺん食べてみようかな』 という気になり、一人で行ってみて食べてみると、1週間前の評価は一変しました。

 一口食べてみて、『美味い!』 という感覚が、エレキトリックサンダーが、こうビビッと走るように、全身を駆け巡っていったのです。

 ゲル状のスープ?いいじゃないですか。ラーメンはやっぱゲルっすよ、ゲル♡ 
などと勝手な感想を述べつつ、スープまで全部飲み干してしまいました。

 そしてそれ以来、天一にハマりました。
 週に一回は通うようになり、友人から 『自分、病気ちゃうか』 と言われるほどで、大学を卒業するまでほぼこのペースで通い続けました。

 んで、今回は11年振りの来店でしたが、当時いつも頼んでいた唐揚げ定食をオーダーしました。

 いやぁ、懐かしい。
b0197735_0284419.jpg


 個人的な感想ですが、他県の天一と比べ、滋賀県の天一は味に変なクセがなく、
とっても食べやすい印象があります。
本店の京都に近いからでしょうか?

 だから今回も完食。
b0197735_040728.jpg

 ご馳走さまでした。



[PR]
by hiro-ito55 | 2011-05-02 01:10 | ラーメン | Comments(0)

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー