考える生き方のヒント       ~今、伝えたいこと~

hiroyan55.exblog.jp
ブログトップ

お花見


「あそこにサルノコシカケができとるから、これももう老木なんだろうなぁ」
妻が握ったおにぎりを頬張りながら、樹齢50年にもなる桜の木を見上げ、その人は呟いた。

サルノコシカケとは、茸の一種で、
木の幹にこれがいくつもできると、桜の木もそろそろ寿命を迎える時期になるのだそうだ。

その日は、庭に咲いた桜を眺めながら、家族そろってのお花見。
今年はリハビリの歩行練習がてらだけど、
去年亡くなった娘さんの遺影とともに、無事桜を愛でることができた。

桜の真横には、いつのまにか椿の真っ赤な花が数輪咲いている。
どこからか、鳥が種を運んできたようだ。

そして、数メートル横には剪定したばかりの杉の木が三本並んでいる。
紫陽花は葉を着けたばかり。檜は去年のままの姿だ。


椅子に腰かけ、この一年間庭に起こった出来事を妻から聞かされた。
夏には、毛虫が着いてたいへんだったこと。
秋には、台風で枝が何本も折れたこと。
冬には、息子家族が雪かきの手伝いに来てくれたこと。

妻が話すたびに、「ああ、そうかそうか」と頷く。
今年も変わらず木や花が、それぞれの姿で育ってくれている。
今は、それが何よりも嬉しい。

娘がもういないことと、自由にならない自分の体があること。
それでも季節は、巡ってくるのだとしても。

ひとつの家族に起こった、いくつもの出来事など、
まるで関係がないかのように、月日は流れていく。


その人の望みは、桜の木を見ることだった。
それに触れ、娘と変わらぬ笑顔を交わすことだった。

笑い声の飛び交う桜の木の下で....。


b0197735_19432498.jpg









[PR]
# by hiro-ito55 | 2017-04-09 19:46 | 医療・福祉・対人支援 | Comments(0)

桜の木


庭の入り口に、大きな桜の木がそびえている。
娘さんが生まれた記念にと植えた木だから、樹齢50年になるという。

毎年きれいな花を咲かせるこの木も、去年は見ることができなかった。
玄関から、ほんの15メートルほどの距離にあるのに、
その距離が、途方もなく長いものに感じられた。

今年も諦めかけていた。

でも、ほんの少しだけ春めいた日に、
何か月ぶりだろう、外の空気を吸うことができた。

午後の暖かな春の空気を、全身で味わうようにゆっくりと顔を上げ、
その人は、まだ咲かぬ桜の木を眺めている。

その木に、その手で触れるまで、まだ10メートル以上の距離がある。

何でもない距離だったはずなのに、
椅子に腰かけ、傍らに立つセラピストに娘の思い出話をすることが、
今のその人の心を落ち着かせている。


なぜ、自分の力で歩きたいのか。
それは、桜の木を自分の目で見たいから。歩いて、自分の手で触れたいから。

頑張りたいからじゃない。
自分にもできることを、家族やセラピストに見せつけたいからでもない。
ただ、自分で植えたあの桜の木を見たいだけ。


毎年毎年、満開の花を咲かせるたびに一番に喜んでくれたのは、
障害を持って生まれてきた娘だった。

不自由な体を不憫に思うこともあった。
こんな形でしか生を与えることができなかったことを、申し訳なく思うこともあった。

でも、今年も元気に咲いてくれたこと、娘の笑顔を見られたこと、
満開のその木を眺めるたびに、家族でいることの幸せをいつも感じることができた。

その木には、
成長とともに重ねた年月と同じだけ、今も変わらぬ大切な思いが詰まっている。

だから今年も、あの桜を一緒に見たい。
咲き誇る桜の木に、今年も変わらぬ姿を見せられるように。


歩きたいと思うその人の願いは、桜の木を見ること。
歩いて、自分の手でそれに触れることなんだ。


b0197735_21485414.jpg








[PR]
# by hiro-ito55 | 2017-04-01 21:53 | 医療・福祉・対人支援 | Comments(0)

感動するということ


歌や詩というものは、その姿や形にこそ人を惹きつける力がある。
普通は、言いたいことや訴えたいことを考えるのが難しいと考えやすいが、
言葉やメロディーの型を決めて、それを表現するほうが難しい。

人が訴えたいことは、
乱暴に言えば、喜怒哀楽の四つしかないと言ってしまってもいいと思う。

表したいことが喜びなのか怒りなのか、哀しみなのか楽しみなのか、
歌や詩の元となるそういった内的な動機は、驚くほど単純なものだ。

でも、その気持ちや情景を表現するための言葉やメロディーを考えたとき、
或いはそれを見つけようとしたとき、
それにはこの言葉しかない、或いはこのメロディーしかないという、
他に置き換えることのできない言葉や旋律の発見や構築が、歌や詩の形を決める。

そして、それを確かなものとすることに、詩人やアーティストの意識は注がれる。


歌や詩が、なぜ人の心を動かすのか。
それはそこに私心がないからだ。

自分が思うのはこれだ、自分が感じることはこうだと、
それをそのまま表現したものは、書いた人の自我にすぎない。

感動は、見る人聴く人と、表現する人との共有物だ。
具体的な気持ちや情景が、ありありと聞く人の心にも思い浮かぶことだ。
自我を相手に見せつけることではない。

だから、本当にいい詩や音楽は、見る人聴く人の心を落ち着かせるもので、
自然とそういう形や姿をとるものとなる。

誰も、自分は感動するぞと、心に決めて詩や音楽に感動するわけではない。
自分というものを忘れて夢中になるからこそ、心を突き動かされるのだ。

それを無心と呼ぶのだし、自己表現に囚われているというよりも、
それはむしろ自分という殻を突破された経験を、確かにしているということだ。
だから、感動は見る人聴く人と表現する人との、共有物と成り得ることができる。


感動するのは、なにも詩や音楽だけでなくてもいい。
リハビリを続けて、やっと少し歩けるようになった...。
自分の手で食べることができた...。
庭に出て外の空気を吸うことができた...。

その瞬間に立ち会えたとき、僕らはそれをともに喜ぶことができる。

そのとき僕らは、無心になっている。
相手もまた、無心になってその瞬間を迎えている。

それは、その姿や形を共有できている瞬間なのだと思う。
感動という共有物が、形を得た瞬間なのだと思う。

具体的な気持ちや情景が、ありありと互いの心にも思い浮かぶからこそ、
僕らは、何かを共有するということの掛けがえのなさを、知ることができる。


b0197735_21384258.jpg










[PR]
# by hiro-ito55 | 2017-02-07 21:48 | 哲学・考え方 | Comments(0)

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー