考える生き方のヒント       ~今、伝えたいこと~

hiroyan55.exblog.jp
ブログトップ

からくり儀右衛門


みなさんは、「からくり儀右衛門」をご存じだろうか。
幕末から明治にかけての発明家で、本名は田中久重。

今から150年以上前に、万年時計を作ったことで有名だが、
制作のために必要な天文学の知識や、工学技術は独力で学んだ。

昼間は生計を立てるために働き、
仕事が終わると、徒歩で数十km離れた学者の下に赴き、必要な知識を学んでいったという。

しかもそれを10年間、ただの一日も欠かさず続けたというのだから、
たいへんな努力家でもあったらしい。

苦学の途上、足繁く通う夜道を照らす満点の星空に、
この苦学の発明家は、毎日何を思っていたか....。

それまでにも、「和時計」と呼ばれる不定時法に対応した時計は存在していたが、
彼が作り出した万年時計は、ただ正確に時を知らせるだけの時計ではない。

定時法と不定時法、月の満ち欠けや太陽の軌道の変化、
日の出や日の入りの時刻、或いは、曜日や二十四節気の巡り合わせまで、
それら全てを連動させて、同時にひとつの時計で表現する仕掛けが施されていた。

完成させた万年時計は全て彼の手作りだが、
現代の最新技術をもってしても、それと同じものを作ることは不可能らしい。

動力となる発条(ぜんまい)から、様々な形をした歯車や螺子の一本一本に至るまで、
全てをどのように組み合わせて動かせば、寸分違わず正確に刻むことができるのか。

凡人には気の遠くなるほど壮大な計画だが、
一見、それぞれがバラバラに刻んでいる時は、統一されたリズムを持っていて、
それらを結びつける、時というものに対する彼なりの地図だけは、
ひょっとしたら夜道を歩く彼の頭に、すでに描かれていたのかもしれない。

あとは、その確信をいかに正確に表現することができるか。
その情熱と信念は、彼の抱えたカラクリでもあり、彼を魅了した夢でもある。
きっとそれが、彼の独創を独創足らしめていた。
そんなことを想像してみる。










[PR]
Commented at 2016-04-23 20:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hiro-ito55 at 2016-04-26 21:49
いつもさん、こちらこそご無沙汰しています。
体調はいかがですか?

毎日がいつもさん自身のリズムでいけるように、
それが大丈夫であるように、陰ながら応援しています。

またいつでもコメント下さい。
Commented at 2016-04-27 20:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by hiro-ito55 | 2016-04-05 22:10 | 日本人 | Comments(3)

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー