考える生き方のヒント       ~今、伝えたいこと~

hiroyan55.exblog.jp
ブログトップ

もう少し説明があると助かるのに


訪問に入ると、何らかの形で福祉用具を使用している利用者さんがほとんどだ。
特にベッドや車いすは、ほぼ全ての利用者さんが使っている。

でも、福祉用具を扱う業者さんは、
その使い方について、ご本人やご家族にしっかりと説明して下さっているのか、
疑問に感じるケースに出会うことがある。
特に車いすについては、そう感じる機会がこのところ多いのだ。


離床時は車いすに座って過ごされ、自宅の浴室でも入浴している利用者さん。
入浴介助はご家族、ヘルパーさん、看護師さんが交替で行っており、
浴室までの移動ももちろん車いすを使っている。

入浴の際は浴室の入り口まで横付けし、
そこから、浴室内に設置したシャワーチェアーに移るのだが、
そのとき、どうしてもフットレストの跨ぎ動作が必要となり、
移乗介助がたいへんだったので、車いすをフットレストが取り外し可能なものへと、
変更して頂いた。

けれど、新しい車いすを持ってきた業者さんは、
ご家族やご本人に対して、充分な使い方の説明をされていなかった。

バックレストの湾曲角度の調整のしかた、フットレストの高さ調整や取り外しの方法、
どうやったら肘置きを跳ね上げられるのか、などなど....。

僕らのような専門職であれば、車いすを見ればどのような機能が備わっていて、
どうしたらそれらを使えるのか一目瞭然だけど、
ご家族やご本人にとっては、説明がなければ使い方がなどまるで分からない。

なので、車いすを交換してすぐに、
ご家族と訪問に入っている看護師さんから相談を受け、
必要な調整と使い方の説明をすることになった。


実際に座って頂くと、問題点だらけだった。

バックレストのたわみは全くない状態のままで手渡されており、
フットレストと肘置きの高さも最大限まで上げてある。

身長が180cm近くある利用者さんなので、
このままだと体全体を折り曲げて座らなければならず、
とても窮屈な姿勢で座らなければならない。

これでは、とても座る気にはなれないだろうなと感じた。


訪問に入ってすぐ、機能訓練やADL練習はとりあえず後回しにして、
まずは車いすの調整に入った。

太ももの後ろ側が、しっかりと座面につくようにフットレストの高さを変え、
ゆったりともたれられるように、バックレストのたわみと肘置きの高さの調整を行い、
併せて、脱着して調整可能な部分の説明も行った。

ご家族からはとても感謝されたけど、
僕自身は、福祉用具を扱う業者さんには、自分たちが扱う商品について、
ご家族に対してもう少し説明をしてほしいなと思った。

僕らがリハの専門家であるように、
福祉用具を扱う業者さんは、その専門家であるのだから、
少なくとも自身が扱う商品については、しっかりと説明してほしいと思う。

商品を利用者さんに手渡して終わりでは、あまりに無責任であるように感じてしまう。

もちろん、そういう業者さんばかりではないけど、
このところ、そういうケースが続いているせいもあって、
もう少し、説明なりアドバイスがあってもいいように思うことが多いのも事実だ。

福祉用具というのは、利用者さんの生活のしかたを左右するものなのだから....。













[PR]
Commented at 2015-06-07 21:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-06-07 21:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hiro-ito55 at 2015-06-13 19:39
ぬか床さん、いつもありがとうございます(^・^)。
コメントなくても、ぬか床さんのようにじっくり読んで下さっている方がいることが、何よりも嬉しいです。
ありがとうです(^・^)。
by hiro-ito55 | 2015-06-05 20:55 | 医療・福祉・対人支援 | Comments(3)

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー