考える生き方のヒント       ~今、伝えたいこと~

hiroyan55.exblog.jp
ブログトップ

どうしても受け入れがたいもの


ある利用者さんが、デイサービスの利用を拒否し始めた。
理由は、職員から「○○ちゃん」と、「ちゃん」づけで呼ばれていることだ。
「今どき?」と思ったが、利用者さんを「ちゃん」づけで呼んでいるところは、
今でもちゃんとあるようだ。

実際に、そこの事業所を利用する他の利用者さんたちからも、
以前から、「○○ちゃん」と呼ばれたり、「ご飯食べようか」とタメ口で訊かれたりする、
そういう話を聞かされていたが....。

知識も経験もお持ちのこの方にとって、
デイサービスに出掛けるというのは、単に外出の機会があるという意味だけでなく、
それ以上に、社会人としての交流の場でもある。

たとえ認知症を抱えて利用していたとしても、
一人の大人であることに変わりはないからだ。

だから初めは、
他利用者やスタッフと会話を楽しみ、穏やかに過ごすつもりでいた。

同居の娘さんがヘルパーの仕事をしているため、
母の意向に合いそうな事業所を、知り合いを頼りにいくつか目星を付けて探し出し、
最後はケアマネさんと相談しながら、利用する事業所を決めた。

ところが、利用し始めて半月も経たないうちに、下の名前でちゃんづけで呼ばれ始めた。
しかも、自分よりも遥か年下の人たちから....。

一度だけ、思い切って自分の思いを話したところ、職員から却ってきた返事は、
「いいじゃない。ここではみんなそう呼んでいるんだから。」
「敬語を抜きにしたほうが親しみを持ち易くなるし、会話も自然だから。」
という反応。

そこの事業所が、接遇に対して、どのような方針を持っているのかは分からないし、
親しみを込めて接しているというのなら、それもコミュニケーションのひとつだと思う。

でも、相手がそれを不快だと感じているのに、
そのやり方を押し通すというのは、どうなんだろう。


よほど親しい間柄でもない限り、
ちゃんづけやタメ口をされるのは、とても不愉快なものだ。

会話に親しみを込めたり、同等の立場で接したりするのは、
お互いを尊重することの現れなのだと思う。

信頼関係がしっかりと築けた上で、それは可能なことなのだから、
ちゃんづけで接すれば、利用者さんとの距離が縮まるというものではないはずだ。
もしそう思い込んでいるとすれば、それは職員の自己満足に過ぎないのだと思う。


実は僕も、老健に勤めていたころに、
利用者さんに平気でちゃんづけする上司を持った経験がある。

その上司が決まって口にしていたのは、
「その方が○○ちゃんが喜んでくれるから」、というセリフだった。

僕には、どうしてもこういう人の感覚が分からない。

一見して喜んでいるように見えても、
本当に喜んでいるのは、ちゃんづけをしている本人なのかもしれないということに、
専門職ならどうして気付けないのかと、いつも不思議に思う。

それにもし、自分の親や身内が、他人からちゃんづけやタメ口をされていたら、
それを、不愉快なものだとは感じないのだろうかとも思う。

専門職として、たとえどんなに立派な理念を持っていても、
そして、たとえどんなに立派なことをしていても、
相手をちゃんづけしても、タメ口で話をしてもよいという感覚を持った人を、
僕は、どうしても理解することができない。

10年以上、医療・介護の世界に携わっているが、
人として、未だにこういう感覚だけは、受け入れがたいものがある。


b0197735_23485154.jpg









[PR]
Commented by ヒカリサスミチ管理人 at 2015-05-29 08:51 x
入院中、いつも不思議で仕方のないことがありました。
どうして、わたしの家族や友人とは敬語で礼儀正しく話ができるのに、わたしと接するときはそうじゃないスタッフがいるのか。
病気でベッドに寝ているだけで、そのスタッフにとってわたしは「面倒をみてやっている」対象であり、完全に上下関係を設定して接している対象なのだろうと思います。そういうスタッフたちにとっては、「人間」と「患者」は別ものなのかもしれません。
Commented at 2015-05-29 13:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hiro-ito55 at 2015-06-01 19:28
ヒカリサスミチ管理人さん、コメントありがとうございます。管理人さんも、不愉快な思いをされていたのですね。

僕の知り合いも、入院中に同じような対応をされていた方がいます。
それに対して改善してほしい旨を、何度も伝えたところ、病院側からその方に付けられたのが、「パーソナリティ障害」という診断結果でした。
その結果、生きるか死ぬかといったところまで体調が悪くならない限り、その方は病院に一時的でも入院することを拒否しています。
僕が病院や施設で働くことを止めた理由のひとつと、この方の感じてらっしゃることが、同じであることを知ったとき、僕は自分の判断が正しかったと確信できました。
今でも、全ての病院や施設がそうだとは言いませんが、やはり、患者さんの患者さんらしい生活を感じにくい場所というのは、僕らのどこか大事なものを狂わせてしまうことがあるのかもしれない、とは思っています。
Commented by hiro-ito55 at 2015-06-01 19:41
ぬか床さん、いつもありがとうございます。

親しい言葉使いというのは、親しくなった結果使われるもので、親しくなるために使うものではないと思います。
そのへんの常識的なことが分からない人が、ちゃんづけやタメ口を平気で使うのかもしれません。

専門家である前に、人としての常識について無自覚である人は、他人を傷付けていることにも無自覚で、それは罪であると思います。
専門家であればあるほど、常識を大事にしたいですね。
Commented at 2015-06-03 08:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hiro-ito55 at 2015-06-05 20:48
まほさん、ありがとうございます。
いつもブログを拝見させて頂いていますよ(^・^)。

自分が逆の立場だったらどう感じるだろう、と考えられる人を僕はとても尊敬するのですが、
ちゃんづけやタメ口をする人の気持ちだけは、どうしても理解することができません。

そういう方に面と向かって話をしても、なかなか分かって頂けないのも事実で、僕もそれで過去に嫌な経験をしてきました。
なので、まほさんのように共感して頂ける方がいらっしゃること、それをとても嬉しく思います。
by hiro-ito55 | 2015-05-28 00:01 | 医療・福祉・対人支援 | Comments(6)

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー