考える生き方のヒント       ~今、伝えたいこと~

hiroyan55.exblog.jp
ブログトップ

支援の基礎は、観照するということ


先日、「ウェルネス看護」について、職場で拝聴する機会があった。
ウェルネス看護とは、患者さんの良い面にスポットを当て、
それを積極的に支援するというもの。

それまで、ついつい患者さんの抱える問題点に焦点を当て、
それを予測し、管理するという発想に行きがちだった看護を、
健康上の強みのアセスメントや、病みの軌跡理論などを通して、
患者さん自身の負の能力を、できる可能性や有効な資源として、
そこに位置づけられるようにアセスメントし直し、支援の形を捉え直すという考え方だ。

患者さんから提示された生活の諸問題に接し、
これを受け取る側が、アセスメントという形で捉え直す際にも、
患者さんとの協働によって道を開いていくことを、基礎に据えているという点において、
推論的問題解決の方法というよりは、
むしろ、患者さんとの直かな接触によって導かれる事実、
そこから、支援の構造を明らかにしていくことに、重点を置いていると言えそうだ。


このような支援の方向性そのものは、
患者さんの潜在価値や可能性を引き出し、それを支援するという、
僕ら作業療法士の基本姿勢に近いものがあると思う。

ただ、
理学療法士の方にとっては、僕らよりも少し抵抗のある捉え方かもしれない。

彼らは、主にその人の動作や活動の基礎を作ることを、支援の中心に据えており、
座るため、立つため、歩くために問題となる要素を、ひとつひとつ取り除いて、
人の動作や活動の形を、作り上げていく。

ところがウェルネス看護の考え方では、
問題点を問題として捉えることからの、発想の転換を求めている。

問題を取り除き、動作を作り上げていくというのはプラスの姿勢だが、
この姿勢からウェルネス看護の考え方を取り入れることは、
容易なことではないように思えてくる。

ただこれについては、
一度PTさん自身からも、話を伺ってみなければ分からないことでもあるので、
これ以上推論で物を言うことは控えたいと思う。



OTとして感じたことだけを述べれば、
ウェルネス看護理論の基礎には、人としての感受性が求められているということだ。

感受性の部分を理論で説明するのは確かに困難だが、
患者さんと直に向き合う経験の仕方、それを反省してみるという形で、
その都度、その考え方は実践可能なものだと確信している。

僕らはともに行う作業や活動を通じて、
ときに、患者さん自身も一番やっかいに感じている個性というものと、
一緒に対峙しなければならないことがある。

ともに向き合うために必要なのは、相手の身になって考えるという姿勢。
人としての感受性は、その中で育まれていくものだと思う。


もし、
感受性と言うと難しく聞こえるのなら、自分の個性よりも相手の個性を尊重する、
まずその姿勢が、患者さんと直に向き合う経験の、初めにあると言えば、
分かり易いかもしれない。

例えば、相手の話を本当に聞きたいと思ったときに、
僕の中で相手が現れる。同時に、相手の中にも僕が現れる。

ただそうやって知り得たものを、互いに素直に信じ、受け止める。
そういうやり方でもって、僕らは相手のことを知ることができる。

人は他人と同じ、つまり、一義的に誰かのことを知ることはできないから、
その知り様は、人それぞれであっていいものだ。

そこから僕らは、相手の潜在能力や価値を、それぞれがそれぞれの仕方で引き出し、
個別的な支援の方向性というものを作っていく。

ウェルネス看護の理論を参考にするならば、
僕らにとっては、そういう順序でもって支援の形を捉え直し、
実践することは可能だということだ。


理論というものは、言語化された思想だ。
ただ僕らには、思想を形作る前に、それぞれが向き合う経験というものがある。
言葉は、自分の経験を見定めたときに生まれてくる。

だから、経験も立派な言語だと思うが、
経験とは自分のためではなく、誰かと何かを分かつためにあるのだとすれば、
それは受け取る側の心とも、切り離せないものに違いない。

僕ら自身が、
それを磨くように経験していくことは、確かにたいへん困難な事ではあるけれど、
そうしなければ、そこから作られる理論も、ただの机上の空論になってしまう。

作業療法士であれ、理学療法士であれ、
そのような経験についてはよくよく考え、これを基礎にしていけるよう努力すること、

そうしなければ、
ウェルネス看護の考えを理解し、それを取り入れて実践の場で展開することも難しい、
僕はそう思うのだが、どうだろう。


b0197735_20543566.jpg









[PR]
by hiro-ito55 | 2014-12-23 20:58 | 医療・福祉・対人支援 | Comments(0)

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー