考える生き方のヒント       ~今、伝えたいこと~

hiroyan55.exblog.jp
ブログトップ

困難事例化してしまった例


仕事が終わっても、
ふと気づけば、利用者さんのことをあれこれと考えているときがある。

たとえば、ここ半年ほどで困難事例化してしまった方がいる。
これは、精神的フォローの甘さをきっかけに、鬱症状を加速させてしまったひとつの例。

今から1年半ほど前、
退院をきっかけにして、その方に訪問看護とリハが入ることになった。
そして、半年ほどでデイサービスの利用に結びつけることができた。

本来なら、ここで訪問リハは終了となる予定だったけど、
奥さまとご本人の強い希望もあり、そのまま継続の運びとなった。

理由は、対人交流目的で利用する今回のデイサービスでは、
ご本人の納得のいくリハが、できなくなることを恐れてのこと。

それでも、最初は不安に思っていたデイにも2か月ほどで慣れ、
訪問リハ、デイそれぞれ週二回の利用が可能となっていった。


半年ほどは、順調に進んでいっているように思えた。
ただひとつ気掛かりなのは、入院中に希死念慮と思われる言動があったという事実。

直接のきっかけは、たまたまお見舞いにきていたご近所の方の、
「ご主人、私の思っていた状態より悪いのね。」という心無い一言。
それを機に、一時的に鬱状態に陥っていたことがある。

退院する頃には回復していたけれど、
リハを進めている間も、いつもと違う体調や新しいことに対する不安と警戒心、
それらが特に強いと感じてはいた。


そして、最初のきっかけは意外なところから始まった。
合わなくなった入れ歯を作り直すため、訪問歯科診療を受け始めたときのこと。

入れ歯を引っ掛けるためのブリッジを、
2本にするか1本にするかというごく些細なことで、奥さまとご本人の意見が割れた。

奥さまは、入れ歯の着脱を自分でしやすいようにと1本を希望されたが、
ご本人は、脱着の手間よりも入れ歯が安定する2本でと言い張った。

結局、話し合いを重ねてブリッジは1本でということになったのだが、
そこから、ご本人の様子が明らかに変わってしまった。

まず、奥さまの作った料理をよく残すようになった。
理由は料理の味付けとかではなく、
入れ歯の固定方法に関することだというのは明らかだったけど、
奥さまはそれでは納得がいかない。

どうして食べないのだ、私が作ったのが気に入らないのかと、
度々ご本人に不満を漏らしていたようだ。

そして行き場のない奥さまの不満は、介護全般のことに向けられた。
夫は私の介護には非協力的だと、感じるようになっていったのである。

ケアマネさんも、看護師さんも、そして僕も、
訪問する度に誤解を解きつつ、奥さまの不満を傾聴する日が続いた。

そして、そうした気持ちをうまく解消しきれなかったことが、
ご本人の心を、時間を掛けて悪い方向へと導いていった。

「あなたたちは妻の話ばかり聞いて、俺の気持ちは分かってくれないのか。」
いつしかご本人の気持ちは、やり切れなさと孤立感で満たされていく....。


そして半年ほど前から、
そうした気持ちがはっきりと態度に現れるようになった。

訪問時、
布団を頭から引っ被って、人との関わりを拒否するようになったこと。
バイタルの測定さえ拒む日も、度々みられるようになったこと。
ご本人に話しかけても、布団を被って何も話そうとしない。
やり切れなさは、ときに暴力となって現れることもある。

デイに行かない日も増えてきた。
一日中ベッドから出てこない日も、このところ目立つようになってきた。

そしてそうかと思えば、奥さまの外出している隙に一人で歩き出し、
階段や庭先で転んでケガをするという事故が、度々起こるようになってきた。
奥さまからの連絡を受け、看護師と僕が急きょ駆け付けたこともあった。

鬱症状による無動と、不安から来る落ち着きの無さが、行動と結びついてしまう現実。
精神のバランスを崩しているのは、誰の目にも明らかだった。


全ての言動は、不安や孤立感から来るものだというのが、僕らの一致した見解。
そのため、まずしなければならないことは、ご本人との関係性を再構築していくこと。
そして、奥さまとの関係性も、見直さなければならない段階にある。

この事例を通して、対人支援の難しさを痛感している。
けれど、在宅生活継続のため、それぞれができることを今は探さなければいけない。

確かに、一度崩れてしまった関係性を修復するには、時間が掛かるかもしれないが、
支援の対象がご本人だけでなく、それを支えるご家族にも行き届くよう、
今一度考えてみたいと思う。


b0197735_19222242.jpg









[PR]
by hiro-ito55 | 2014-10-08 19:25 | 医療・福祉・対人支援 | Comments(0)

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー