考える生き方のヒント       ~今、伝えたいこと~

hiroyan55.exblog.jp
ブログトップ

終末期医療・ケアに対するヴィジョン


読売新聞Web版(2012.01.28)より。

終末期胃ろう「治療差し控えも」…老年医学会
日本老年医学会(理事長・大内尉義(やすよし)東大教授)は28日、
高齢者の終末期における胃ろうなどの人工的水分・栄養補給について、
治療の差し控えや撤退も選択肢」との見解を示した。

終末期医療に対する同学会の基本的な考え方を示す
「立場表明」の改訂版に盛り込まれ、
同日の理事会で承認された。

「立場表明」は2001年に策定されたが、
その後の実態に即したものにするため、10年ぶりに改訂された。

近年、口から食べられない高齢者
胃に管をつないで栄養を送る胃ろうが普及

病後の体力回復などに効果を上げる反面、
欧米では一般的でない、認知症末期の寝たきり患者などにも広く装着され、
その是非が議論になっている。

改訂版では、胃ろうなどの経管栄養や
人工呼吸器の装着に対する見解が初めて盛り込まれた

高齢者に最善の医療を保障する観点からも、
患者本人の尊厳を損なったり、
苦痛を増大させたりする可能性があるときには、
治療の差し控えや撤退も選択肢
」とし、
「患者の意思をより明確にするために、
事前指示書などの導入も検討すべき」とした。



日本老年医学会の立場表明が、11年ぶりに改訂されました。
     ↓↓
日本老年医学会「立場表明2012」(2012 年1 月28 日理事会承認)


日付は2012年1月28日となっていますが、
ホームページに掲載されたのは1月31日です。

しかし、
今回の改定版でも、『終末期』 の定義
前回2001年版と同じで、曖昧なまま

ただ、前回はその定義の論拠が、

高齢者の終末期」の定義に関しては現在ではこのような曖昧なもの
であるが、 (中略) 不可逆的,進行性の過程をたどることの多い
個別疾患ごとの検討が日本老年医学会の今後の課題となるであろう


として、
老年医学会の、今後の課題として挙げられていましたが、

今回は、

高齢者は複数の疾病や障害を併せ持つことが多く、
また心理・社会的影響も受けやすいために、
その「終末期」の経過はきわめて多様である。
そのため臨死期に至るまでは余命の予測が困難であることから、
「終末期」の定義に具体的な期間の規定を設けなかった


としています。


終末期における胃瘻造設や看取りの在り方について、
僕の基本的な考えは、

『胃瘻と終末期医療(2011年9月1日付記事)』 

で示したので、そちらを参照してください。



人の終末期を一律に定義することは、非常に困難です。

しかし、
どんなが、人間らしい死の迎え方であるかは、
人によって異なるものであって当然だと思いますが、

少なくとも、
認知症末期の利用者が亡くなるまで、
胃瘻による栄養供給と、ベッド上での生活が延々と続く在り方が、

人間らしい終末期の姿であるとは、
とても言えないのではないでしょうか。


11年ぶりに改訂された今回の立場表明では、
日本老年医学会が、
高齢者の終末期における胃ろうなどの人工的水分・栄養補給について、
治療の差し控えや撤退も選択肢」である


と捉え直し、

終末期の医療やケアについて、議論する倫理委員会
またはそれに相当する委員会を設置すべきである


との見解を示したことは、
時代の流れに即したものである とは言えるでしょう。

b0197735_2114755.gif
b0197735_2121898.jpg
b0197735_2124414.gif

[PR]
by hiro-ito55 | 2012-02-01 03:00 | 医療・福祉・対人支援 | Comments(0)

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー