自分らしさ

現代は、 『個性的』 な在り方を歓迎する風潮が強いですね。
しかし、 『アイデンティティー』 と 『個性』 は
恐らく違います。

アイデンティティーとは、
一般的には 『自分であることの確からしさ』 
といったように表現されますが、 
『これじゃぁ何のことやらさっぱり』 という方も多いと思います。

アイデンティティーとは、僕なりに噛み砕いて表現すると、 
『自分の歴史そのもの』 ではないかと思います。

例えば、小学生の時に好きだったアニメは何で、
嫌いな食べ物はこれこれで、
サッカーよりも野球が得意で、練習も好きだった、とか、

中学生になると兄貴の制服のおさがりが嫌で、
いつも不平を言っていた時期があった、とか、

頭の形が悪く坊主頭が嫌で、
野球部なのに一人だけ髪の毛を伸ばしていた、とか、

高校生になると、気の強い女性に惹かれるようになった、とか、

車の運転はマニュアル車の方に興味を持った、とか、

階段を上るときは、右足からじゃないと落ち着かなかった、

などその他諸々......。


そういった、生まれてから現在まで、
記憶にあるものもないものも含めて全ての 『自分の軌跡』 を、
その人の 『アイデンティティー』 と呼ぶのです。

ですから、正に自分史そのものと言えるでしょう。


これに対し 『個性』 とは、
例えば、 
『初対面の人にも、最初から明るく接するのが自分らしいから、
これが本当の自分らしい自分なんだ。』 とか、

『俺は、相手が上司だろうが同僚だろうが、
忌憚のない意見を言えるところに、自分らしさがある。』 
と思い立ち、

人生のあらゆる場面で、
そんな姿の自分を顕示しようとするようなことです。

これは、自分のある一側面、
つまり、アイデンティティーの 『ある瞬間』 を強引に切り取って、
今の(或いはこれからの)自分に無理やり当て嵌める行為です。

自分の歴史の中で 『瞬間的に現れたある一側面』 を
自分の 『全体像』 に引き伸ばして、
自分を打ち立てていくわけですから、

そのような振る舞いはどこか不自然で、
いつも 『それに合わない』 自分と葛藤することになります。

しかし、それも当然です。
圧倒的な歴史を有する自分の軌跡に対して、
このような 『個性』 には 『歴史』 がないのですから。

歴史がないということは、 
『無時間的である』 と言ってもよいかもしれませんが、
昨今声高に叫ばれる個性とよばれるものの正体は、
大方そんな 『不自然にデフォルメされた自分』 かもしれません。

しかし、それまでの歴史がないからこそ、
そのようにデフォルメされた自分に、
何か生まれ変わったような気分を感じるのかもしれません。

でも、本質的には 『無時間的な自分の断面』 ですから、
個性を打ち立てるという強引な自己顕示は、
ほとんどの場合、行き詰まることでしょう。


個性というものが、これほど強調される社会において、
例えば70~80年代のヒットソングを特集したテレビ番組や、
復刻版の商品が、なぜ一時的なブームとして流行ることがあるのか。

そこに普遍的価値があるからではありません。

自分のアイデンティティーの 『ある時期』 を、
一時的にもう一度確認することができるからです。
 
その歌や商品を聴いたり、味わったり、購入したりしたときの
自分の感性や、情景や、匂いや、味などが、
今の自分に鮮やかに甦るからです。


個性的に生きていると思っている人にとっても、
自分の軌跡を、今の自分と切り離して生きていくことはできません。

軌跡の中には今の自分にさえ、
未だ意味の解らない経験も含まれている筈ですが、

それを含めた自分の軌跡が、 『自分らしさそのもの』 なのです。

それをもし 『個性』 と呼ぶならば、
それこそが個性と呼ぶに相応しいものでしょう。



と、まぁ今回もなかなか手前勝手な解釈ですが、
自分のことをどう定義しようが、それはその人の自由だと思っています。

今回も、あくまで僕の個人的な意見であり、 
『俺は個性的だ』 と自信を持って生きている誰かの生き方を
否定するつもりも、誰かを傷つけるつもりもありませんので、
念のため、それだけは最後に付け加えておきます。





[PR]
by hiro-ito55 | 2010-12-23 22:28 | 哲学・考え方 | Comments(0)

作業療法士です。日頃考えていることを綴ります


by いとちゅー
プロフィールを見る
画像一覧